鑑定学習

昨日(4/26)、宮島で鑑定学習しました。
その前にモーターボートで宮島めぐり。



岩の上にあるのは包ヶ浦神社。歩いていける場所ではなく、船で近づくだけの場所です。


ここは宮島七浦神社の一つ、鷹之巣浦神社。厳島神社の真裏にあるそうです。


いよいよ民宿かまだで学習開始。ここは宮島桟橋を降りて左に徒歩わずか2〜3分の場所。1日1組しかお客を入れない経営。
私は昨年の12月に泊まりましたが、入り江に面してのどかな場所です。まさに風水の良いお宿です。
右手が旅館部分。左手は昔、先代が船大工をしておられた作業所。



玄関近くに「暮らすように泊まる宿」と書かれています。つまり、限定1組だけですから、今日はここを我が家と思って、ゆっくりとおくつろぎくださいという意味です。



庭側からはすぐ入り江。ここからボートは出発したのです。


まず屋外で座山、座向の確認。そして羅盤で方位を測ります。これ実際にやってみなければ身につきません。
羅盤も見ると色々ありましたよ。三合羅盤、三元羅盤、総合羅盤に玄空羅盤まで。


次に室内で鑑定図を作ります。中心点をとって、透明羅盤を使い八方位に分割。紫白九星派と玄空飛星派の両方でやりました。
そのあと私が模範例を示します。鑑定結果、改善提案。経営者ご夫妻の四柱推命の分析。ついでに建物立地を見て易卦 風水カンを立てます。コンセプト、ついでに販促のヒントまで。何かできるところを取り入れてもらうとよろしいですが。



ここを終わって、有志で大竹市にある焼肉東海へ行きました。私が4年前に風水で開業指導したお店です。
何をやったかというと、間取り、色、店内の風水調整のほか、内装業者も紹介しました。(比較的低コストでできました)



同行者が風水尺を持っていたので、私が使い方を説明します。
見てください、左手に「ありがとうございます 本日は満席になっております」と書かれているのを。
地元で評判の繁盛店らしいです。



このように玄関の上に金属製の風水尺をかけています。このほか、金属製の風鈴、風水の炭、水晶、木のひょうたんも置いています。そして鑑定図も額に入れてかけています。



おいしい焼き肉をたらふく食べて、ビールを飲んで大満足しました。
写真は店主の畠中さん。風水だけでなく、経営の努力あっての繁盛です。これからもがんばってください。


今日は盛りだくさんでした。風水を学ぶというのは簡単なものではありません。車の運転と同じで、理論だけ学んでも車は運転できません。やはり路上で実際に運転する必要があります。良い機会になったかと思います。
そして、今回ご協力いただいた鎌田さんご夫妻にはお礼申し上げます。

13年前に父が亡くなって直後、中国の安徽省黄山というところへ行きました。
四十九日を過ぎていないのでどうかと思ったのですが、遺影を持って連れて行く気持ちとなりました。
上海からバスで7時間くらいかかったような気がします。黄山は高い山が立ち並び、下の方から雲というのか霧がバーッと上がってきて、まるで山水画の世界でした。
あとから知ったのですが、黄山は地蔵菩薩の聖山だそうで、まあ結果的に行って良かったと思います。
黄山のふもとの屯渓という町の土産物店で1枚の龍が描かれたものを見つけました。じーっと見ていると何だか連れて帰ってくれという感じがして、買って帰ったものです。この絵は会社の応接室に飾っています。




庚辰 題と書かれてあって、2000年に描いたものと分かります。
辰年にちなんだ題材ですね。
私は風水で成龍と名乗っているものだから、龍を見るととてもうれしくなります。

さて今年は父の十三回忌にあたる年。3月に法要も終わり一息ついたところです。
そうこうしているうちにあるご縁で訪問した家でお土産にこの額頂きました。「良かったらぜひこれを連れて帰ってください」と言われ、13年前のことがよみがえりました。
これは九州の職人さんが作ったもので、メノウと琥珀が使われているそうです。なかなか素晴らしく、気に入りました。置く場所をどうするかと考えましたが、ついには神棚の横に配置。
毎朝、柏手を打っているので、龍も喜んでくれることでしょう。




ところで、龍の置く場所ですが、低いところよりも高いところ。北(五行でいう水の場所)。青龍から東が良いと思います。
 

立春大吉

今日は2月4日。立春の日。暦では春、そして新年を迎えました。
恵方は甲 ということで、羅盤でもって甲の方位を測定し、そこに位置する棚を掃除し、稲穂、豆などをお供えしました。



今年、午年のイメージを感得。
馬突猛進と落下。馬耳東風。馬の耳に念仏。
政治の混乱。経済の停滞。株価の下落。事故多発とみましたが如何に。
そうならないよう祈る。

馬突猛進
猪突猛進をもじったもの。やたら1人で突っ走る
馬耳東風
人の意見を聞き流す
馬の耳に念仏
馬に念仏を聞かせても意味が分からないこと


 

香功全国大会in広島

11月10日に広島市西区民文化センターで香功全国大会を開催しました。
主催は日本香功協会と現代風水研究会


記念誌の広告ページ


現代風水研究会の有志を中心に実行委員を作りました。太田さん、丸山さん、西原さん、土田さん、藤井さん、石井さん、倉橋さん、ありがとうございました。そして私の嫁さんにはずいぶん励まされ、早朝6回もポスティングに付き合ってくれました。感謝!
人集めに苦労しましたが、実行委員おかげさまで約300人が来場。

この集合写真は、右手が広島側の実行委員、真ん中右手が私(吉村)、左手が中里会長中央部が東京側の実行委員、左手が事務局を担当した蠕研の写真さんたち
ご苦労様でした


まず、実行委員長として登壇し、挨拶します
「うれしい気持ちでいっぱいです」


広島商工会議所 深山会頭から来賓のご祝辞を頂きました


ふるさとテレビの篠原理事からも祝辞を読み上げて頂きました


湯崎広島県知事からもご祝辞(文)を頂きました。
気功が健康づくりに役立ち、社会、経済に役立つというお墨付きを頂いたものと確信します。
政財界トップからの応援に謹んでお礼申し上げます。
また、地元のみならず全国的な知名度を持つ、オタフクソース様には後援をしていただくばかりか、参加者全員にお土産を提供して頂き、ありがとうございました。

最初に仲里会長より香功についての講演がありました


続いて香功を全員錬功。会場の方々も席を立って同じ動作を行います




気功の衣装に着替えて内養功を表演。ゆったりとした動きで気を練っていきます


最後はアトラクションとして子供神楽を楽しんでもらいました


気功と風水は気の思想を通じて大いに関係するというのが私と仲里会長の持論です。
気功の大会は広島では初めての試みですが、参加者の方々からは、「良かった」「香功を続けたい」「気功に興味を持った」「子供神楽がサプライズだった」などなど好感をもったご意見を頂きました。
これからも、私自身気功を習得するとともに、気功を広めていきたいと思います。
参加された皆さん、ありがとうございました。

 

日本近代五行易学会5周年大会へ参加

10月5日(土)に大阪で開催された日本近代五行易学会の5周年大会へ参加してきました。
上海の白鶴易人老師の紹介で、神作昂臣理事長をご紹介いただいたものです。
ちなみに私は五行易のことは門外漢。難しいことくらいは分かりますが。
会場は大阪でも老舗の料亭「芝苑」
ここは将棋タイトル戦で会場となったところ。玄関も風情があります。


中に入ると受付があって、受付を済ませると別室でお茶のお点前があります。
さすが料亭だわ。
上の階へ上がるとけっこう人が入っていました。私は新参者なので一番後ろへ
座りました。あれ、皆さん持っている資料がない。隣の人に「どこでもらわれま
したか?」と聞くと「1階の受付」と言われるので降りていって尋ねると、「来賓
用の席にあります」ということでした。
再度戻ると、なんと一番前の席に私の名前が書かれた封筒がありました。
気を使って頂いたものと感動しました。



会場はまだ半分くらいの入りですが、これが満席の80人になりました。
大阪は五行易が盛んなことを伺わせます。
いよいよ、講義がはじまります。今回は病占の事例研究。
神作先生の発表は2時間ありましたが、経験に裏打ちされた五行易は切れ味がとても
良いように感じました。



終わって、懇親会が始まります。私は事前に挨拶を頼まれていて、新幹線の車中で
一生懸命に考えました。



来賓の挨拶が続きます。
私は心臓がドキドキしてきました。あれー、昨年6月に上海の易経大会で中国語を
使って挨拶したときはどういうことはなかったのに?
しかし、それは杞憂に終わりました。なぜならば、乾杯の儀式に移ったからです。
宴が盛り上がった頃、再度の来賓挨拶となりました。
そこでは、ビールが喉をうるおし、我ながら良い挨拶ができたものと自負しています。

神作先生とのご縁は、10年前に先生が上海から白鶴老師を招請し、京都で風水の
講演をされたことに始まります。その翌日に、老師が大阪で私の本を手にされ、
メールを送られたことで出会うことができました。それをきっかけに私は老師の弟子
となったものです。ということで、神作先生は大変なご恩がありますと述べました。
そして、白鶴老師からの言葉として「大会が盛大であることを祈念します」
と私から代わりにお伝えしたものです。



もうこれでお役目は終わりました。食事パクパク、お酒ぐびぐびです。
会場は大いに盛り上がった様子。しかし、私は寒作先生のほかは誰も知りません。
まず隣や近くの人に名刺を差し出してご挨拶。女性の方が7割くらいでしょうか。
私が玄空風水と奇門遁甲を学んだと挨拶で話したものだから、これを聞きにこら
れる方が何名かおられました。玄空風水はあまり大阪では一般的でないようです。

名刺交換していたら中国服が似合っている人、また存在が光っている人がいました。
そこで記念写真をパチリ。名刺を見ると、京都府易道協同組合の泰 志龍理事長。
私の名刺を見て、安藤成龍ということで、お互い龍に縁がありますね。と盛り上が
ったものです。



日本近代五行易学会の5周年大会は大いに盛り上がり、最後に万歳三唱して終わりました。



神作先生のご人徳と参加者の方々のお人柄を感じた素晴らしい会に参加できたこと
を喜びに感じます。ありがとうございました。

コストコオープン

 3月23日にコストコ広島倉庫店がオープンしました。
ちなみに、コストコは1983年創業。会員制小売業で全米第3位、世界ランク第7位の大手小売業です。



私の会社が開発に関係したので、前日に開かれたオープニングパーティに招待されました。
樽酒を飲んで感動をともにしました。



天井はかなり高い


お菓子はビッグサイズ


熊のぬいぐるみもかなり大きい


買い物するには、会員にならなければなりません。
これは法人カードで、年会費3,675円、個人会員は4,200円と
なっています。
価格は安いけど、元がとれるほど買う気持ちが必要。


この方は創立者(CEO)で、記念写真を取ってもらいました。



屋外にフードコートがあって会員以外でも利用できます


ビザもこのとおり


さて方位はというと。こちら側に玄関があって気口とするので


子山午向となります

    
      北
5 2 9 7  7 9
九   四    二

6 1 4 3  2 5
一   八    六

1 6 8 8  3 4
五   三    七
     ↓
     向

格局 双星会向
財運に恵まれる店舗です。
開店日は23日 戊子 歳徳日となっています。
繁盛されることと確信しています。

廣友さん

 広島市西区庚午(こうご)南にある風水雑貨卸小売りの袗⇒А
全国的にはネットショップ「開運風水ドットコム」の方が有名かも。
もう10年前くらいに知り合って、風水用品の品ぞろえと良心価格で、お客としてちょこちょこ訪問していました。
4年前くらいに現代風水研究会の会員になられて土田社長さんや社員の方々が勉強に参加されました。
土田さんは風水入門講座、紫白九星風水に続いで玄空風水講座も修了。今月から始まった周易の講座まで参加され、実に勉強熱心な方です。

店内に掲げてある修了証書




とねっち店長が卒業
名物店長卒業との情報をブログで知り、励ましの訪問をしました。
お渡ししたものは、弁財天の額です。
「これを見て、がんばってくださいね」



こんな感じです。


土田社長に「最近、何かおもしろいものありますか」と聞くと。
「ありますよ」と取り出されたのが「五行の八卦鏡」
これは、玄関のほか、リビングや寝室に飾っても福運を呼び込む
らしいです。オリジナル商品。



私も思わず覗き込みましたが・・・
自分の顔はそれなりに映ります。
それよりも裏に四神の像があります。



もう一つオリジナル商品があって、これは巳年にちなんだ干支の
開運額。日本製で職人芸のものだそうです。
色々あっておもしろいねー。



さて、とねっち店長のために易占しました。
当分、おとなしくしていると良くなるとアドバイス。
これからも元気でね。


奇門遁甲挨星法許状

 本日(10月7日)、師の近江一成先生より、奇門遁甲挨星法の許状を頂きました。なんと、最初に学んでから12年目です。
ようやく完全にマスターしたと認められたので、「許状」として書いてもらえることに。
高島正龍師から、継いだものを、さらに継ぐことになり、ありがたくてなりません。









謹んで頂戴しました。
感謝

追伸
北原白龍子師は、木曽御嶽教 天伸閣教会の会長で、大教正
だったとこのたびお聞きしました。
近江一成先生は、そのお弟子さんで、中教正の資格をもらわれた
そうです。
師と共に滝行されていた頃の写真を見せて頂きました。
50代の頃と言われます。
私にはとてもできません。



昨日と今日の午前中にかけで、最後の気学と挨星法の講義をして
頂きました。気学での日命のこと、奇門遁甲での方位取りで相談者から結果が出たと喜ばれたことなど、具体的なお話しを聞くことができ、大変勉強になりました。
これからは、後進の育成に努めます。


近江一成先生

 日本における師として、近江一成先生を紹介します。
先生は広島県尾道市のご出身で御年82歳。
お聞きすると、40代の頃、福岡市で活動していた北原白龍子師の門下に入られ、易、気学、家相などを学ぶとともに、九州各地、中国地方、関東(おもに栃木県)の鑑定会場を回られたそうです。
北原師は毎年のように木曽御嶽山に登り、御嶽教の大先達(大教正)でした。近江先生も8度ほど登り、中教正の資格を授与されました。山岳神道にご縁があったということでしょう。禊のときの写真を見せて頂きましたが、北原師も良く修行をされ、厳しい方だったそうです。

広島県廿日市市にある大頭神社で滝行をされた近江一成先生
右手下に北原白龍子の文字が見える


私と近江先生との出会いは、平成12年の10月ですから、もう12年前にさかのぼります。
私が広島県瀬戸田町(現在は尾道市に所属する島)のイベントで
占い大会を企画したときにA女史(占い師)がお連れされたもの。
私は当時、四柱推命は師範・一級鑑定士の資格は持っていましたが、風水は八宅風水の知識がある程度でした。
鑑定会で一息ついたときに、2階から手招きされ、見せられたのが
「奇門遁甲 挨星盤」という資料でした。
これを見てもさっぱりわからないというのが実感でした。
鑑定会が終わって、広島駅へ帰り、ステーションビルで一杯飲んで
盛り上がりました。
そこで、奇門遁甲を知るには気学と易の知識が必要と言われ、弟子にしていただいたというわけです。

大切にしていた本を頂戴しました。
これは加藤大岳著「易学大講座」(昭和44年発行 第21版)
北原師の蔵書です。


左 高島正龍著「八陣の秘法」は定価8万円と高価なもの


高島正龍師の書 達筆です


奇門遁甲挨星法は、高島正龍師が北原白龍子師と意気投合して
福岡に移住され、活動をともにしていたときに学ばれたそうです。
(私が使っている挨星法は高島流といっていいですが、ちょっと変えているところがあります)

近江先生とは数日前にお会いし、一緒に大頭神社へ同行しました。そのときも北原白龍子師や高島正龍師のことを思い出して、私に話されます。
以前は福岡を拠点とされていて、そこに天伸閣という教会を作られていたそうです。お弟子さんは40人くらいいて、神殿も建てられたとのこと。
事情があって、奥さんの里である広島市へ拠点を移されたと聞きます。近江先生も広島へ移られ、易占活動を続けられました。
結局、北原師は先年、福岡で亡くなられました。

どんな方だったのかなーと想像はするのですが・・・。
きっと研究家であって、宗教家、そして破天荒な人生ではなかったかと。

下の写真は「気学用神論」(高島正龍・北原白龍子 共著)の巻末
にあるものです。
北原師は神主姿、高島師はダンディな経営者風といったところでしょうか。まあしかし普通の風貌ではありません。(失礼)
お顔の相を見ると、額から頭の良さ、目は人を見抜く力、口元は意思が強固なことを感じさせます。



北原白龍子師が使っていたベンで、近江先生から頂きました


私の師も近江一成先生は「日命の近江」と呼ばれたそうです。
気学でいう日命。
私に「日命の本」を出してほしいと言われます。
ご高齢になられたのに何もお返しできていないことを心苦しく思い
ますが、感謝の気持ちを込めて、
ありがとうございます。

牛田早稲田神社のパワースポットを確認

 牛田早稲田神社は風水でいう龍穴、別の言い方をするとパワー
スポットに建てられるているという考えがあります。
というのは、風水でいう坐山の牛田山(標高261m)は、太祖山を鳥取県の大山(標高1,729m)を源とするものです。
その牛田山の前に低い丘があって、そこに約500年前、建てられたのが早稲田神社です。祭神は八幡神。





早稲田神社の本殿と背後に牛田山


羅盤で方位を測定する


艮山坤向ですが、丑山との境界に近い


本殿の右手にある弥生人の古墳があって、ここは古代人が
古くから住み着いていたことを伺わせます。
また、境内地からは貝塚も発見されました。
安全で良い環境であったと思われます。





本殿に入って波動(周波数)を測定しました。
測定器はドイツ製のレヨメータデジタル。
この機器より、レヨテスト(渦巻状のセンサーがついた棒)
へ周波数を送ります。
空間でレヨテストの動きが同調した周波数を確認するというものです。
数値はヘルツで表示されます。1ヘルツは1秒に1つの周波数
・振動数です。
これが低いと静かで落ち着いた環境ですが、活気がないとも
いえます。
果たして。



42.3ヘルツと高い数値でした。
大地の気が影響しているかと思えます。



次に参集殿を測定しました。ここでは6ヘルツと低い数値
を確認しました。
(注)この計測器は物質から発生する振動数を0〜100までの
周波数として数値化する機能を持っています。
10ヘルツ以内が人間の住環境にとって良好。 
住宅の背後に鉄道が走っていると高い数値を示します。
気功師が発する気も高い数値が現れます。
神社や仏閣でも高い場合が多いと考えられます。



このことから考えると、早稲田神社は風水的に良い環境で
あると裏付けられました。
これからも科学的に方法を用いて検証していきます。


<< | 2/4PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM