茶座を鑑定

一昨日(2月 11月)、山口市にある中国茶店「茶座」を訪問し、風水指導してきました。



鑑定図を持っている方がオーナーの阿武(あんの)さん。


これ、6年前の開業時に作った鑑定図です。紫白九星派のやり方
となっています。ただし、現在のレイアウトと変わっています。



羅盤を使って方位を再確認します



今回は玄空飛星派でやります。
建築時期は第6運 乙山辛向 格局 上山下水

        北
5 9   9 4   7 2
七        二     九

6 1   4 8   2 6
八      六      四

1 5   8 3   3 7
三        一     五

8運のとき(2004年〜2023年)、8が令星となります。
つまり、旺気となる星。問題は、中宮の水星側に8が入っています。これを水星入囚といって、財運が期待できないというのは問題です。
一つの方法として、水星9がある西北に着目。ここは生気(しょうき)の方位。この方位として、水槽を置くことを勧めました。
鑑定図を置いている場所に水槽の位置。



正面入った場所に棚があります。左に招財蛙。右に龍亀を置きなおしました。



春節でもあり、店頭に飾りを下げました。
ご繁盛をお祈りします。



茶座 さんのブログ
http://chaza.soreccha.jp/

コメント
吉村先生、先日はご来店ありがとうございました!
頂きましたアドバイスを出来ることから実行していきたいと思います!
また見に来て下さいね。
  • 茶座
  • 2013/02/15 4:57 PM
嫁さんが、お店を気に入っていました。猫のぬいぐるみを贈りたいと。でも不思議ですね。天使幼稚園。そして大殿小学校。昔、住んでいた自宅をたどりました。お店と近くだったのですね。驚いた。また、必ず訪問します。あれから、「湯の森」へ入って帰りました。広島までは130キロあります。「泊まるべきだよな」といいつつ、帰りましたよ。
  • 成龍
  • 2013/02/15 5:29 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM