風水を取り入れた住宅団地開発

 縁あって、3年前から風水を取り入れた住宅団地開発に参
画しています。
事業主体は、広島市南区にある黄金山麓の朝見原土地区
画整理組合。
敷地面積は約3万坪。フラットな部分で約6千坪もあります。
これくらいスケールが大きければやりがいは十分。
風水開発計画書ができたので、今日は、藤川事務局長さんと
事務局の三浦さんとで、現地確認に行きました。

ここはゲート前で、計画地へは坂を車で登ります


なだらかな坂道を進みます


この先が計画地で、約80mほど削って平地化したとのこと


羅盤を元に方位を確認します。
真ん中が藤川事務局長で、右が三浦さん。


持参して方位マップで確認しているところ


方位マップを示す筆者
足元は花崗岩で土質は、しっかりしています


背後は黄金山で、ここから龍のエネルギーが流れてきます


眼下には瀬戸内海が見えるすばらしい眺望
目の前の島は「金輪島」


「この鉄塔は移設した方がいいですよ」とアドバイス


計画地に立つと、すばらしい大地の気を感じます。
ここには風水を取り入れた高級住宅地として開発されるよう、
企画書を提出済みです。
風水というと、一戸建てでの住宅企画、マンションの購入に
おけるアドバイスのほか、インテリアの風水調節がほとんど
でしょう。
このたび紹介したような風水による宅地開発というのは、大変
少ないことと思います。
3年前の着手時には公表できませんでしたが、このたびは事務
局のお許しを頂いてその活動を見てもらうことができました。
とてもやりがいのある仕事です。

次に向かったのが「穴神社」
変わった名前ですね。
その由来は、この付近に海洞があったからと伝わります。
以前はこの近くまで海だったようです。
祭神は「少名毘古那神」
大国主命の国づくりに協力するため、海の彼方から渡来した
といわれています。
医薬、温泉、酒造に関係する神でもあります。



石の鳥居の上が広場となっており、さらにその上に社殿がある


拝殿前で方位を測ります


ぴったり子山午向となっています


右手に写っているのは黄金山。
良く見ると黄金山から発した龍のエネルギーは、先の計画地
を通って、この地に入っているのです。
この神社の先は海ですから、龍の頭が水を飲みに来ている
姿ともとれます。
ここも風水で良い場所です。



今日は、このあとも黄金山の頂上へ登ったり、本浦町にある
邇保姫神社まで足を伸ばしました。
写真は当神社で方位を測っているところ。
カメラ目線になってしまいました。



大規模な不動産開発は、時間がかかりますが、あらせずさわ
がず、長期の取り組みを続けていきたいと考えています。
ところで私の会社では宅地建物取引業をしていますので、不動
産開発はお手の物です。
何かお手伝いすることがあったら、気軽にお声をかけてください。

コメント
上海からブログ拝見しています。
風水があまり浸透していない日本で風水を取り入れた住宅団地開発を企画しているのは素晴らしいです。
これからもブログ更新、楽しみにしてます。
  • ☆fengshui☆
  • 2011/09/01 10:58 PM
遠く上海からブログを見て頂き、有難うございます。風水をまちづくりや住宅団地開発に取り入れたらいいと思っていました。
これからも積極的に取り組んでいきます。
よろしく。
  • 成龍
  • 2011/09/02 8:53 AM
台湾から戻りました、鈴木です。
こう言っては何ですが、テレビの中の風水師や占い師はスキャンダルのネタでしかない、そんな感じがしてならないですよ。
大体、テレビで占術や風水が好意的に取り上げられている記憶はないですよ。
こういう活動は大事ですね。
  • 鈴木
  • 2011/09/02 10:30 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM