岡山での講演

 今、岡山での講演を終えて広島の事務所に帰ってきました。
主催はJAIFA岡山。生命保険の団体で約300人が参加。
テーマは「干支で読み取る経営の舵取り」
今年は辛卯(かのとう)となり、どのような世相になるものか
という予測、そして乗り切るポイントを解説するものです。
辛は「しん」とも読み、卯は「ぼう」とも読めます。
続けて読むと「しんぼう」
経済評論家は一様に「今年、景気は足踏み状態だろう」と
予測しています。そして、雇用拡大も期待薄です。

60年前の1951年がどうであったかというと、第1回紅白
歌合戦が1月にありました。マッカーサー解任(4月)、講和
条約と日米安保条約が締結(9月)、社会党の再分裂(10月)
、株価が前年より63%と大幅アップとなっています。
なんだか、分裂と共同の年回りだったようです。
今年はこれに似たことが起るのでは。
ちなみに、10年前は2001年(平成13年)で辛巳でした。
主な出来事として、小泉内閣がスタート(4月)、アメリカ
同時多発テロ(9月)、アメリカはアフガンを攻撃(10月)、
国内で狂牛病が発生するなど、どちらかといえば騒然と
した年でした。

そのまた10年前は1991年(平成3年)、辛未の年。
多国籍軍がイラクを空爆(1月)。雲仙普賢岳が大噴火。
信楽鉄道事故など暗いニュースが目立ちました。

辛は古代中国で、奴隷の額に刺青を施す道具を意味し
ているとあります。突き刺すということから鑓やミサイル
をイメージできます。
戦争が起らないことを祈るばかりです。

卯年でいいことは、株価が上がる傾向にあること。
ウサギが飛び跳ねるというところに結びつけています。
などなどとりとめもないことを話しして、今年やるべき
ポイントでまとめました。

1 気の流れを変える
2 オーラが出ている人間になる
3 運気を呼び込む
(内容は省略)

会場ビルの展望レストランにて岡山市街地を見下ろす


今回、紹介して頂いたアリコの中原氏と記念写真


今年初めての講演が300人もの聴衆を前にしてのことで、
幸先良いものと感じました。
あとの懇親会も盛り上がり、一杯飲んでの「にわか占い師」
に行列ができたものです。
ともあれJAIFAの皆さん、お世話になりました。
感謝。

講演中の筆者


コイン占いに花が咲く


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM