白鶴易人先生アメリカ旅行

白鶴易人先生はアメリカに旅行され、風水の活動についてメールされましたので、許可を頂いてご紹介します。

翻訳は易海陽光さんにお願いしました。

 

1.白鶴易人はアメリカロサンーゼルスのアメリカ易経協会を訪問――

アメリカ易経学会――美西易経学会――尹露会長、段建華、崔国建及びアンナ、蘇子函・・・・等の素晴らしい華人達の歓迎を受けました。

中国の易学の素晴らしい正のエネルギーをアメリカマーケットに進出したことに祝います。

アメリカの素晴らしい華人代表の熱烈歓迎に感謝します。

 

 

2.アメリカロサンーゼルス風水第三弾――桃里新華広場海資建設アメリカ子会社開業式典――

乾山巽向(旺山旺向、城門は午にある)――風水常識を解説――

「天機妙訣各不同、八卦只有一卦通」――

華人社会は風水国学を伝わることに歓迎する。

 

3.白鶴易人はアメリカロサンぜルス市役所風水を考察――

 

辰山巽向――周天120°――丙子分金――坐山は火澤睽の二運卦――

庚方來水――壬方去水――地元龍の一卦清純の理論に一致する。

但し、右側の政府ビルは大門の気口にちょっと近いーー坎宮に二黒星がいる。

戊戌年に五黄星が坎宮に入るのでーー25が同宮になれば、必ず中にいるトップが厄介なことに逢う。

孤独、1人ぽっちになる象であるーー同性愛の人数はきっと上昇するに間違いない。

「欲問太歳為何神、立地見分明」――「黄遇黒時出寡婦」――

「宅局旺衰星盤定、客星加臨吉凶生」――2と8は兌宮に入ると、合十になり、旺財

2と5は坎宮に入り、亭主が厄介なことに逢うし、寡婦になりやすいーー当たりかどうかを待つ。

 




コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM