石鎚山先達

29年石鎚山お山開き大祭に参加してきました。お山開き大祭は毎年7月1日から10日まで開かれます。1日だけ古式にのっとって女人禁制となっているため、8、9日の登山となったものです。

広島県JR海田駅を早朝4時半に集合ということで、自宅を4時過ぎに出発。今回は総勢16名が参加。そのうち、風水関係者は私を入れて5名です。5時に出発、山陽自動車道、しまなみ海道、今治から西条市に入って山間部の道に入り、西之川下谷にあるロープウエー口まで進みました。ここまで約3時間かかります。

 

ロープウエー駅近くにある神仏像の前で。

一番後ろの神像が石槌彦大神。三体ありますが、右から鏡持ち、中が玉持ち、左が剣持ちの姿で同じ神です。

 

ロープウエーを降りて20分ほど歩くと成就社のあるところへ到着。昼ご飯を食べて神門から出発。西日本各地の遥拝所を中心とした団体が大勢きています。

 

途中の鉄段です。これが無かった当時はどのようにして登ったのだろうかと思います。大変難所であるような。

 

 

途中、鎖場が4か所あります昔しはこのような鎖を使ってよじ登ったものでしょう。気力と握力、足の開脚力がないととても乗り切れるものではありません。途中で下を見ると、足はすくむので、前を見て一歩一歩進むだけです。

 

 

約3時間かけて頂上社に着きました。途中から雨でした。カッパを着ていて中が蒸れます。だいたい3回に2回は雨です。

 

 

午後6時に成就社のある場所に帰り、旅館に入りました。そこで、先達階級の証書を頂きます。

 

 

石鎚山先達とは

石鎚山に親しむ、石鎚大神様の子供(氏子)を先達と言います。先達は崇敬者の中でも信仰が篤く、石鎚山の地理に詳しく、他の崇敬者を教え導く人を言います。(石鎚神社HPより)

石鎚山先達には副取締から元老大顧問まで17の階級があって、このたび授与された監長は下から8番目で真ん中あたりです。10年連続して登って頂きました。

 

「積年當社対し功労有り、之に依りて向後監長相勤るべき候事」と書かれてあります。

これとバッジを頂きました。大事に額に入れ、保管しています。

 

 

 


 

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM