徳川埋蔵金発掘で白鶴先生来日

昨日(5月6日)にTBS系テレビ局で「徳川埋蔵金発掘特番」が放映されました。その一シーンとして上海より風水師の白鶴易人先生が来日し、赤城山の発掘場所で活動した様子が流れました。

私は事前に聞いていたものの、さてどうされるのかと興味を持って画面を見ました。その様子はさすがでした。

埋蔵金探索ということで、持参された道具に工夫がありました。というのは昨年6月に訪問したときに福建省に同行したのですが、このとき手にしておられたのが三合羅盤です。

 

 

今回は埋蔵金に合わせて黄金色の羅盤。中国楊公風水研究学院製です。円盤の表面はつややかにコーティングされ、回転はとてもなめらかです。

 

 

 

次に使われたのが探龍尺。風水では龍穴を探すときに使われます。地中のエネルギーに反応して、棒の先がその地点に向かいます。先生は室内での風水調査で使われるのですが、埋蔵金の探索に持参されたことは納得しました。

 

 

これも黄金色に輝いていました。

 

発掘現場に行き、そこが風水師としてどうなのかを求められたものです。奇門遁甲を使って良い答えを出されたと思います。以前に発見された絵図と現在の地形とでは異なるようです。科学的な地下探索調査も行い、場所を決めつけてかなりの深さを掘り込んでいました。

 

大きな穴ですから、場所を特定させるテレビ局に対応した場面

 

奇門遁甲で隠したということに普通の奇門遁甲ではないと答えています

 

結局、残念ながら今回も埋蔵金は発見できませんでした。3時間の特番は2時間くらいは幕末の京都を舞台にした歴史物語を林先生が解説するというもので、それはそれで興味を引く内容でした。

工事業者の望月建設の望月会長さんはもう何回も重機を繰り出して土木工事を続けています。発端となった水野家の子孫は亡くなられ、それをついでテレビ局が大規模な発掘をしているものです。

埋蔵金はあるのかないのかわかりません。しかし、夢を追う男のロマンとしては面白いと思います。これからどうなるのか興味を持って見ていきます。


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM