上海のオフィス鑑定

上海で風水鑑定してきました。

地下鉄駅のそばで、交通の便利なところです。建物は商業施設と一体となっています。

 

 

ビル正面に立って羅盤を取り出し、方位を測定しました。乾山巽向となっています。つまり西北に座して東南へ向く建物です。

健康運とチームワークに大吉。財運も大吉の物件です。

 

 

1階ロビーはゆったりとしたつくり。左手にビルの模型がありますが、商業施設と一体となっていることが分かります。私たちがいるオフィスビルが後ろ。商業ビルが前で、そのまた前に池があるようです。これは風水の景観を人工的に作ったものにまちがいなし。

 

 

ビルの玄関からエレベーターへ向かう通路です。ゼブラ帯が6本ありますが、この意味を考えてみました。六十四卦の乾為天ではありませんか。皇帝、権力者、董事長(社長)、成功、発展を意味するものでしょう。両側に立つ、大徳利壺と植木も縁起を考えてのことでしょう。

 

 

廊下で部屋の方位を確認しているところ。実際に鑑定しているところはなかなか目にしないと思います。もちろん、公開には依頼者の了解を取っています。



 

ドア側から窓側を見たところ。室内はこのように、床、壁面、天井など入居者の負担で工事することになっています。これで200万円くらいだそうです。

 

 

ドアが2つありますが、どちらを使えばいいのか聞かれました。答えは左側です。右側は非常口として使用。

 

実はこのビルは風水師がかかわって企画したそうです。入居希望者も日本人の風水師を使って、どうするか決める。面白いものです。

 

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM