石鎚山お山開き

7月9、10日の両日、石鎚山のお山開きにいってきました。

雨模様の広島(海田駅前)を朝5時に出発。山陽自動車道、しまなみ海道、一般道を通って西条市西之川にあるロープウエー乗り場まで約3時間半。ロープウエーを降りて中腹の成就社まで徒歩で20分くらい。当日はお山開きも終わりに近いので登山者が少ないようです。

 

 

10時半に神門を出発。小雨なのでビニールコートを着用しています。

 

 

途中の「二の鎖」何度か登りましたが、今回は雨のため登山路を進みます。4か所の鎖がありますが、「試しの鎖」は未体験です。

どうも「二の鎖」がきつい。

登山者は白装束が8割くらい。そのうち7割が神社系の白の作務衣。3割が密教(修験道)系の行者着。それ以外が登山着となっています。登山者は下山者に「おくだりさん」と挨拶し、下山者は登山者に「おのぼりさん」と挨拶するしきたりです。

道中、ほら貝の音が聞こえると力づけられます。修験系は「懺悔懺悔六根清浄」と唱えながら登山。

私は竹の杖を持って、神道系ではありますが、時々「懺悔懺悔六根清浄ー」なんか気合が入ります。

 

 

頂上社に着いたのは13時40分。3時間くらいかかったことになります。もやがかかって、風もさえぎるところなし。

ここで神官よりご祈祷を受けます。そのあと、銅製のご3体のご神体を私を含め3人の先達が手にして、参拝者の背中に当て、「エイ」と気合を入れます。石鎚神社ならではの特殊神事です。

 

 

一緒に登った方と記念写真。ご苦労様でした。

 

 

祖父一家の写真を持っていきました。先祖供養になりました。

 

 

神門に帰ったのは17時半でした。先に下山された方々とご対面です。

 

 

先達の昇進書を頂きます。左は石鎚神社海田遥拝所の横林所長。

今回で8回目の登山となりました。

 

 

今回は副監長になりました。これをもらうのもなんだか励みになります。

 

 

翌朝、ロープウエーで西之川へ降りて、川のそばにある禊の行場へ。昔はここで禊を済ませてから登山したと聞きます。今はかなり少ないかと思います。それにしても戦後の一時期、石鎚山登山というと、本社から徒歩で3日もかかっていたとききます。現在はロープウエーや登山道も整備され、登りやすくなりました。登山道の頂上近くを歩いていると、昔はどんな道であったのかと予想だにつきません。まさに難行苦行の険しい危険な道だったことでしょう。現在はこうして楽行の道となって、ありがたいことです。一年の穢れを落として、これから一年がんばります。

 

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM