中国旅行

4年ぶりに中国へ行ってきました。

目的は羅盤の学習と弟子の証書を頂くためです。

6月26日 広島市から上海へ。

白鶴易人先生の教室で三元羅盤の個人指導を受けました。

私が手にした羅盤は持参した三元羅盤です。

これとは別に先生の羅盤で使用方法の説明を聞きます。黄泉殺、劫曜殺、砂法など三合派の層も併せて説明されました。

直接、師から聞かないとわからないものだそうです。

 

 

手作りの説明用羅盤がありました。何層かが回転するようになっています。これを見ると大きいので理解しやすいです。

 

ついに白鶴先生より弟子の証書を頂きました。立派なものでありがたいかぎりです。

 

これを頂くのに9年もかかりました。講習会に出席した程度では修了証書を発行するだけで、弟子ではないと言っておられました。

日本人では私が初めてだそうです。中国人から、なぜ日本人にと、とやかく言われかねないとも。

これからは学んだ技術に磨きをかけるとともに、独自のものを加えて日本で展開していきます。

 

 

2日目は上海から飛行機で2時間くらい南の廈門へ移動。そこから車で3時間かけて福建省の山間地にある世界遺産「土楼」に宿泊。3日目も土楼を何箇所か見学しました。土楼は円形の80世帯が住めるほどの共同住宅です。これが易の思想を取り入れて作られています。どうしてこのような建物が作られたかというと、モンゴル軍の攻撃を避けて防衛のための城塞住宅を作ったとのこと。

この建物は宿泊した「裕徳楼」です。4階建てで、現在はホテルとして活用されています。1泊4000円程度でとても安いです。

 

 

3階から見たところ。1階は事務所、厨房食堂、倉庫として使っています。2階と3階を宿泊施設として使用。

 

 

これはツインの部屋。内装はきれいでした。ただし、エアコンはなくて扇風機。

 

夜はライトアップされ、良い感じです。

 

屋外へ出てみると、橋がライトアップされとてもきれいでした。

 

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM