奇門遁甲を教える

先日、奇門遁甲を教えてほしいというメールが入りました。良く見ると韓国の方からです。外国の方も我が国のHPで風水を検索しているのだとびっくりしました。
結局、教材を航空便で郵送しました。日本語が分かる人です。



これが挨拶文です。



韓国といえば以前、韓国の方々に講演をしたことがあります。



右下の女性は通訳です。外国の方に分かるようにお話しするのは気を使います。
風水を取り入れた店舗「和楽開運あわむら」を訪問したときの写真。
韓国は日本以上に風水が盛んなお国柄です。ずいぶん喜んでもらいました。



鑑定書を手に視察団団長と記念写真。店舗の風水といっても、商品計画が大事と説明しました。
風水は、縁起物の置物、金運を呼ぶ財布、盛り塩、西に黄色と思われているのではありませんか?
ずいぶん小さなスケールだと思います。
不動産開発、建築計画、環境計画などが主だと思うのですが。
ちなみに私の会社は宅建取引業の登録をしていて、不動産仲介業務をしています。
やるならとことんやる方がやりがいがあります。



韓国の風水事情、どうなっているのかねー?
風水、奇門遁甲の勉強がささやかなことであっても民間レベルでの日韓友好につながればと願っています。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM