工場鑑定

今日は5年前に鑑定した、自動車架装製造業の大上自動車へ業績好調と聞き、再訪しました。
レイアウトが当時より若干変わっているので、鑑定し直す目的です。

5年前の鑑定風景


使用した三元羅盤    


工場の手前が事務所。この施設を鑑定します。                                


使用した総合羅盤。まず屋外で方位を測定します。癸山丁向です。


出迎えてくれたのは大上社長


私の助言により玄関マットは赤に変えられました。風水で色にこだわりました。
玄関の絵は大上社長が自ら描かれたもの。東京銀座のシロタ画廊で個展を開かれるくらいの才能をお持ちです。


配置を見ながら玄空風水の鑑定図を作ります。


出来上がりました。ポイントは社長のデスクを少し移動させ、背後に山の絵を飾ること。こうすると安定感があります。


財運を呼ぶ龍亀はカウンターの上に移動


事業の風水というのは簡単ではありません。こうして公開するのをお許しして頂いたのは、業績が好調だからです。事業では風水の効果は売上高や利益として現れます。新しい事業へ取組み、成果を上げておられるのですが、「風水のアドバイスが良かった」と言われるのは、ありがたい限りです。今後ますますのご発展をお祈りします。



 

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM