白石の鼻 春分の日

前回、1月に訪問した愛媛県松山市にある白石の鼻を春分の日である3月21日に再訪しました。
ここは、パワースポットと言われています。海上に三ツ石という巨石が5つ組み合わさったものがあって、春分の日と秋分の日には日の入り時に太陽の光が石の間から見えるというものです。方位からいうと真西に日が落ちていきます。自然の造形か古代の人間が作ったものかは不明で、地元の方が「松山・白石の鼻巨石群調査委員会」というものを作って研究しておられます。


写真1 案内図


当日は日の入りが18時頃ということで現地へ急ぎました。この写真は駐車場側から白石の鼻へ向かった時のもの。ずいぶん日が沈んだ感じです。



白石の鼻にある龍神社。まずここへ参拝しました。右側には幟旗が立っています。



これが亀石です。夕日を観測する場所はこの先です。


岩場で足場が悪いこと、見学者が多く、適当な撮影場所を見つけるのに苦労しました。この場所では中央に位置する三ツ石と太陽の位置がずれています。もう少し右側へ移動する必要があります。



右に寄ったところです。これでもまだ適当な場所でないようです。真ん中に空洞があるのが確認できます。



ずいぶん太陽が地平線に降りてきました。太陽光線が上下に伸びて美しい光景です。



前方へ進み、体をかがめました。浪打際に近くて、波しぶきがかかりそうな場所です。
ご覧のとおり太陽はすっかり三ツ石へ隠れました。



すぐに三ツ石の空間から太陽の光が見えたのです。感動の瞬間です。



そして、右上にも小さい空間があるようでして、ここからも不思議な太陽光が差しこんでいました。



確認し終わって良かったという感動の笑顔です。真正面が三ツ石。このように岩だらけで、足元が悪いです。後ろの方でご婦人の方が足をすべらされて転んでいました。運動靴や軍手(私は掌をすりむきました)、帽子などが必要かと思います。

ここを知ったのは地元の研究家 篠澤邦彦さんの著書「伊予のストーンヘンジ」を読んでのことです。
興味がある方はアマゾンでお求めください。



終わって篠崎さんを探しましたが帰られた後でした。これからもがんばってください。
現代風水研究会 吉村徳則


 

コメント
遠路はるばるお越しいただき有難うございました。
来られているのを知らなくて失礼しました。

機会がありましたらまた、お越しください。

篠澤 拝

白石の鼻、すばらしい眺めでした。たぶんおられることだろうと思いましたが、あのような状況なので声掛けせずにいました。終わって探したのですがおられなくて名刺を置いて帰りました。実は嫁さんの里が大三島なので回ってきたのです。帰りは松山フェリー。また訪問します。
  • 吉村徳則
  • 2014/03/23 8:48 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM