徳島城の庭園

1月4日に徳島城の庭園を視察しました。

徳島城は天正13年(1585年)の蜂須賀家政により築城。明治2年(1869年)に廃城となり、天守閣や本丸が壊され、石垣と、この表御殿庭園のみが残されています。この庭園を造ったのは茶人として有名な上田宗箇と現地で知りました。

ウイキペディアで調べてみると。

上田重安(しげやす)は安土桃山時代の武将、大名。茶人であり、作庭家。出家して上田宗箇と名乗る。のちに浅野家に仕え家老となる。広島城の泉邸(縮景園)を作庭する。

 

城跡が徳島中央公園となっています。この一角、案内板では右下の部分に表御殿庭園が位置します。御殿の書院と藩主が暮らす中奥に面して築かれています。

ここからは、ボランティア団体の方が説明してくれました。

大名家で一番心配なことは、お家断絶だそうです。つまり家を継ぐ男の子が生まれなければならないのです。

それを願って陰陽石を置いたと言われます。奥の立石が陽石、手前が陰石にあたります。それでは中ほどの石は?と聞いたのですが、分からないそうです。私見ですが、子供を意味していると考えられます。

ボランティアの方が、「穴の中に耳を当ててください」というので、そうしてみると、風が洞内で回っている「ゴー」という音が聞

こえます。説明書をみると、地獄の釜がたぎる音だそうです。実に面白い現象。

 

庭園には阿波特産の青石が数多く使われています。中でも日本一の長さを誇ると言われる石橋は、驚かされました。

 

面白いのが、東北鬼門への備えと聞きます。ここには隅櫓という建物があったそうで、そこは城内の囚人が収容されていたとのこと。つまり、鬼門の方位には好ましくないものを置いていたというわけです。隅とは角のことです。

 

ここが隅櫓があった区画です。

 

果たしてその先は角で、堀に囲まれていました。数寄屋橋のところにあった櫓から監視されていたことでしょうし、これでは逃亡できないと思います。

 

方位を測ってみたら、確かに艮の方位にありました。

 

この門は鬼門にあたります。ここから出るのは、城内からでた死者か、囚人であったといわれます。その先にかかる橋は数寄屋橋。東京に地名がありますが、武士と町人を分ける境界となっているとのこと。(ウイキペディア)

 

鬼門除けとして柊を植えているのを見ることができました。柊鰯と言って、焼いた鰯の頭を柊の枝に刺すという風習がありますが、魔除けの意味があります。

 

また、パワースポットの場所を教えて頂きました。それは園内の大樹でした。説明がなければ、分からなかったことばかりで、当日はとても勉強になりました。

上田宗箇という方は茶人と思い込んでいました。作庭家でもあったとは無知でした。広島の縮景園もそれなりに意味を持たせた配置となっているのでしょうが、凡人の頭ではすぐに分からないところです。研究の余地があることを思い知らされました。

 

 

 

 

 


山口市の風水庭園

風水庭園について私見を述べてみます。
我が国で最古の庭園書と言われるのは、平安時代末期に書かれたといわれる「作庭記」です。この中には立石、つまり石を立てる原則や池、滝を作る手法が書かれています。詳しく知りたい方は初心者向けの本「庭師が読み解く作庭記」(小埜雅章 著 学芸出版社)をお読みください。これには四神の言葉が見られます。つまり中国の風水思想が入っているのです。
庭作りというと大名庭園か寺院に優れたものが残っています。8月に愛媛県宇和島市にある元宇和島藩伊達家の天赦園を見てきました。大名庭園というのは殿様が眺めて楽しむものだけの目的ではありません。大名家の子々孫々の発展を願うものです。お家大事ですからね。
必ずといってよいほど陰陽石が配置されています。そして、植えられた樹木にも意味を持たせています。岡山後楽園ではザクロの木。これは実に粒が多いので、子だくさんという思いがあります。
さて天赦園ですが、庭のほぼ中心に陰陽石が配置されていました。
これが陰石です。自然のものかどうかはわかりません。


こちらは陽石です。立派に立っています。


さて、これとは別に三尊石というのを良く見ます。釈迦三尊。真ん中が釈迦如来。向かって左が普賢菩薩、右が文殊菩薩。阿弥陀三尊は、中心に阿弥陀如来、左が観音菩薩、右が勢至菩薩です。薬師如来は左が月光菩薩で右が日光菩薩。これは三尊で強力に守護するという意味があります。下の写真は天赦園の三尊石です。真ん中が大きく立派な石です。左右や小ぶりで、やや内側に向けて置かれています。真ん中の説明文には守護石と書かれています。



7月には京都の東福寺、松尾大社に庭園を見に行きましたが、ここも立派なものです。蓬莱神仙の世界を表した庭園です。庭園を眺めながらどのような意味なのかを考えるのも楽しいものです。
 

日本列島庭園

 本日(5月18日)、安佐北区あさひが丘にある錦川邸を訪問。
南側に作られた庭園を風水的な観点で、山を置く位置、水を流す位置をアドバイスしました。

全長8.5mの日本列島


水琴窟もあります


まず、建物の方位を測ります。
びったり子山午向となっています。


子(北)が道路側。午(南)が庭園になります。
第8運(2004年〜2013年)にあって、西南に山があると健康に恵まれることになります。
元は南の方位に据え付けられている山(伊予石)を西南に移動することにしました。


移動させる場所の電位差測定も行います。
ここの数値は高くないことを確認。


袗⇒Г気鵑ら買ってきた、水晶のさざれ石1.5キロを土中に埋めます。これは土地の浄化とパワーアップを目的とするもの。


坤山艮向となるよう石の位置を決めます


これで完成


家主の錦川さんも喜んでおられました


この家は元の家主さんが、風水的な要素を取り入れられて建てて
おられた感があります。
見学を希望される方は 082-521-4397 錦川さんへ

錦川鯉の名水賛歌
http://hc2.seikyou.ne.jp/home/n-koi/

風水庭園ほぼ完成

 昨日(6月10日)、東広島市八本松町にある西条庭園で
風水庭園の工事を行いました。

まず計画地に電位差測定を行います。
これは人工の龍穴(パワースポット)を作るのに、施工前と施工後
の電位差を比較して、その効果を確認するためです。
測定結果は−31mvであって、土地のエネルギーが大変弱い
状況であることが分りました。


いよいよ土を掘り下げていきます。
私のお爺さんは戦前、土木工事業の親方をしていたそうで、その
ことを思い起こせば何となく、この仕事も似合っていない訳でもない。手押し車を持っているのは西条庭園の本田社長。


縦横と深さを確認して竹炭がどのくらい入るか判断します


広島大学と共同開発した緑化用 高機能性カーボンと書かれて
あります。原材料は中国杭州で作られた竹炭で地中に埋設する
と土地のパワーが高まり、植物の生育に効果があります。


15kg×6袋で合計90kgを入れます。


ちょぅと一杯になりました


土をかぶせた上に雑草が生えないように「ガンコマサ」を載せる


黒石を敷き詰めて太極図をデザインします


白石は共同作業



敷き詰めました


水を掛けて洗ったところです。背後にはすでにできている坐山が
あります。前方には朝山・案山の代わりとなる樹木が見えます。
ここは気のたまり場となることでしょう。


坐山の背後に三角形の石仏を置きました。これで祖山の代わり
とします。


完成を本田社長と共に喜んでいます。


私が風水庭園にかかわったのは、ここで3カ所目です。
(1・2度目はオタフクソース)
 けっこう色々試しておもしろいものです。
見てもらえれるのが楽しみです。

この工事の結果を現場から帰着して一番に、師匠の白鶴易人
老師にメールでお知らせしました。
そうすると次のような返事が返ってきました。

メイールを拝見して、とても嬉しいです、すごいです、ますます進歩出来るよう。私は広州で風水の演説を行いました。12日上海に帰ります。白鶴易人

師匠に褒められてうれしいものです。
これからも風水の造形に取り組んでいきます。

| 1/1PAGES |

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM