石鎚山先達

29年石鎚山お山開き大祭に参加してきました。お山開き大祭は毎年7月1日から10日まで開かれます。1日だけ古式にのっとって女人禁制となっているため、8、9日の登山となったものです。

広島県JR海田駅を早朝4時半に集合ということで、自宅を4時過ぎに出発。今回は総勢16名が参加。そのうち、風水関係者は私を入れて5名です。5時に出発、山陽自動車道、しまなみ海道、今治から西条市に入って山間部の道に入り、西之川下谷にあるロープウエー口まで進みました。ここまで約3時間かかります。

 

ロープウエー駅近くにある神仏像の前で。

一番後ろの神像が石槌彦大神。三体ありますが、右から鏡持ち、中が玉持ち、左が剣持ちの姿で同じ神です。

 

ロープウエーを降りて20分ほど歩くと成就社のあるところへ到着。昼ご飯を食べて神門から出発。西日本各地の遥拝所を中心とした団体が大勢きています。

 

途中の鉄段です。これが無かった当時はどのようにして登ったのだろうかと思います。大変難所であるような。

 

 

途中、鎖場が4か所あります昔しはこのような鎖を使ってよじ登ったものでしょう。気力と握力、足の開脚力がないととても乗り切れるものではありません。途中で下を見ると、足はすくむので、前を見て一歩一歩進むだけです。

 

 

約3時間かけて頂上社に着きました。途中から雨でした。カッパを着ていて中が蒸れます。だいたい3回に2回は雨です。

 

 

午後6時に成就社のある場所に帰り、旅館に入りました。そこで、先達階級の証書を頂きます。

 

 

石鎚山先達とは

石鎚山に親しむ、石鎚大神様の子供(氏子)を先達と言います。先達は崇敬者の中でも信仰が篤く、石鎚山の地理に詳しく、他の崇敬者を教え導く人を言います。(石鎚神社HPより)

石鎚山先達には副取締から元老大顧問まで17の階級があって、このたび授与された監長は下から8番目で真ん中あたりです。10年連続して登って頂きました。

 

「積年當社対し功労有り、之に依りて向後監長相勤るべき候事」と書かれてあります。

これとバッジを頂きました。大事に額に入れ、保管しています。

 

 

 


 

 


大統領選

11月8日の深夜、大統領選のことが気になり、筮竹を取り出し略筮法で易占しました。

本命と言われるヒラリーさんを先に占うと「火山旅」の四コウ。之卦は「艮為山」となります。

いやな卦が出たものです。旅は少しくとおる。イメージは火山のふもとにある道を一人、不安な心で歩く姿です。孤独で周りからの協力が得られない状況と言えます。

之卦は艮為山。山また山で、前方をふさがれ、先に進もうにも足止めをくらっています。この状況を見て釈然としませんが落選と判断しました。


 

次にトランプ氏に移ります。「地風升」の四コウ。之卦は「地天泰」です。「おおーっ」と思わず声がでそうになりました。

卦辞は「升はおおいにとおる。もちいて大人を見る。うれうることなかれ。南征すれば吉なり。」とあります。

升とは上昇に通じます。地中から木の芽が出て、伸びゆく兆しです。初コウで力不足のようですが、「地天泰」に変じるので安泰と見ることができます。ということで、こんどははっきりと当選と書きました。

面白いものですね。当たるも八卦、当たらぬも八卦と言いますが、ここまではっきりと出るとは。

「南征すれば吉なり」とありますが、トランプ氏は選挙戦の終盤でフロリダなど南部へ行ったことが功を奏しています。

これからどうなるかというと、大きな変化があるに違いありません。初めのころの主張は大げさなものがあっても、ある程度やらなければ信を失うからです。日本のマスコミはトランプ氏の当選した直後はショックを受けていました。しかし当選後のインタビューで過激な発言がなくなり、楽観視に変わりました。私はそんな甘いものではないと考えています。これからが見ものです。


現代風水研究会の倪鍔先生が中國から帰国しました

现代风水研究会的秘书长倪鍔先生 从12月24日到1月30日去了中国。
首先从12月24日〜28日在上海。28日〜1月7日去四川省成都 学习梅花心易。1月8日〜14日去洛陽。15日去哈尔滨、一直到29日為止学习揺鞭風水。29日離開哈尔滨、返回广岛。学习期間 从1月18日〜1月27日。这次一共有32名学员参加了学习。其中3名是第二次、1名是第三次参加学习。照片正中的人泰论诗老师。
哈尔滨的气温是白天−24〜−25度、夜间達到−35度。非常寒冷。
这样的寒冷下、大家都非常努力学习到了最后。
辛苦了。祝今後活跃和发展。

哈尔滨はハルビンと読みます。冷凍庫なみの極寒の地です。





倪鍔さんは泰論詩老師より易海陽光という名を授かりました。

おめでとうございます。

奇門遁甲挨星暦が完成

お待たせしました。平成28年の奇門遁甲挨星法暦を発売します。A4 横サイズ 24ページで、毎月、毎日の干支と九星と八方位ごとの挨星卦に加え八門を明記しています。吉方位については一目で分かるように網掛けしていますが、具体的な用途を挨星卦象意表として加えました。また、建築の着工日、室内の模様替え、イベントの実施に活用できる択日もあるので、大変便利です。価格は昨年と同様の3,000(消費税、郵送料込)でお求めやすくしています。振込料はご負担ください。

部数限定ですので、お早目にご注文ください。

現代風水研究会 事務局 電話(082)5435551




奇門遁甲を教える

先日、奇門遁甲を教えてほしいというメールが入りました。良く見ると韓国の方からです。外国の方も我が国のHPで風水を検索しているのだとびっくりしました。
結局、教材を航空便で郵送しました。日本語が分かる人です。



これが挨拶文です。



韓国といえば以前、韓国の方々に講演をしたことがあります。



右下の女性は通訳です。外国の方に分かるようにお話しするのは気を使います。
風水を取り入れた店舗「和楽開運あわむら」を訪問したときの写真。
韓国は日本以上に風水が盛んなお国柄です。ずいぶん喜んでもらいました。



鑑定書を手に視察団団長と記念写真。店舗の風水といっても、商品計画が大事と説明しました。
風水は、縁起物の置物、金運を呼ぶ財布、盛り塩、西に黄色と思われているのではありませんか?
ずいぶん小さなスケールだと思います。
不動産開発、建築計画、環境計画などが主だと思うのですが。
ちなみに私の会社は宅建取引業の登録をしていて、不動産仲介業務をしています。
やるならとことんやる方がやりがいがあります。



韓国の風水事情、どうなっているのかねー?
風水、奇門遁甲の勉強がささやかなことであっても民間レベルでの日韓友好につながればと願っています。

黒猫占い読本

このたび、「黒猫占い読本」というオムニバス本が発行されました。


発行者は坂口一さん。
内容は
「水瓶座の時代」 biggy neptune 氏
「香港の若手占術家に軽く話を聞いてみた」 田中俊平氏
「ジオデティック・イクウィーバランス」 芳垣宗久氏
「スティーブ・ジョブズをインド占星術で読み解く」 ミチユウ氏
「インド占星術における成功者の事例」 美鳴月丈竺氏
「奇門遁甲風水」 吉村徳則
「八鍵式数秘術における三数秘の合解に関して」 八鍵ユウラ氏
「五行易あれこれ」 ブリジット・まゆか氏
「水晶透視講座」 坂口一氏
「KP入門」 山下貴弘氏
 
私はインド占星術は門外漢なので、さっぱりわかりませんが、深遠な内容であることは分かります。
おもしろいのは坂口一氏「断易の怪の話」泊まったホテルに幽霊らしきものが出るので、これを占ったというもの。
音がして寝られないという状況で、冷静に占ったというのが面白い。
また、数年ごとにお店がつぶれるという問題の物件に開業したところ、怪奇現象が発生して、それを占った。結局、供養したらおさまって、現在は繁盛しているという話しも興味深い。

私は、「奇門遁甲風水」と「上海のオフィス鑑定」「風水鑑定に思うこと」の3つを書きました。
奇門遁甲風水は結婚のため新居を探す方のために挨星法の時盤を使って物件を選定したもの。
挨星法のほか、飛星派風水、気学、四柱推命も判断の中に取り入れています。主には飛星派風水の物件判断であって、そのほかはそれを補完するもの。
上海のオフィス鑑定は実際に上海市普陀区のオフィスを鑑定したときのもの。ビルに到着して1階の玄関前を見ると風水の造作に気づきました。日本とは違った建築感覚に感心しました。そしてオフィス内で鑑定した状況を書いています。





これまで日本での風水本は八宅派の入門本が大半です。この「黒猫占い読本」は同人誌で、その手の人が読むものだと思い、変わった内容を書いたものです。よって、飛星派風水も挨星法も作盤の方法はすっ飛ばしています。
上海のオフィス鑑定の時に使用した羅盤はいつも使っているものでなく、老街で買ったお土産の三合羅盤。
いずれにしても鑑定の参考にしてもらえばと思います。



B5 192ページ 3,300円
販売は東京の鴨書店と原書房限定。
おもしろい本なので推薦します。
購入しにくい場合は、お分けします。



 

中国語

昨日、HSK検定試験センターより封筒が届いていて、開けると2か月前に受験した中国語検定の合格通知結果でした。
中国国家検定試験で、1級から6級まであります。1級が一番簡単、2、3、4と難易度が高くなっていきます。今回は2級ですからたいしたことではありません。試験はマークシート方式ですから、何とかなります。60点以上が合格で、リスニングが86点、リーディングが92点。平均が89点ですからおしい! あと1個正解で90点を超えていました。ちなみに1級は平均96点でした。
これでさぞかし中国語がぺらぺらかと言えば、たどたどしいレベルです。ただ、試験に強いので合格するのです。3級は9月14日が試験日ですが、準備不足でパスしました。受けたら合格すると思うのですが、それはあまり意味のないようなので。



中国語を勉強している理由が2つあって、1つは中国へ行って親しく会話ができるようになりたい。もう1つは中国文の風水書を読みこなしたいということです。
今、羅盤の本を読んでいます。これをノートに書きとって、漢字に中国語発音のため、ピンインを入れていきます。続いて下に意味を入れます。なかなか専門書とあって難しいものです。



こんな感じになります。



玄空風水で使う、山星と水星。日本では「やまぼし」と「みずぼし」と読んでいます。たぶん一白水星(すいせい)と紛らわしいからそうしたのでしょう。中国語の読み方では山星は「シャンシーン」水星は「スゥイシーン」です。やまぼし、みずぼしと読むより、「さんせい」「すいせい」と読むのが自然かと思います。
かといって、子山午向を「ジィシャーン ウゥシャン」これでは日本人には分かりません。そこで「しざんごこう」または「ねやまうまこう」か。どちらでも良いように思います。坐山(ゾオシャーン)座山(同じ)前者は座る、乗る。後者は座席で使います。どちらかというと坐山を使うことが多いようですが私は座山にしています。中国は簡体字、台湾、香港では繁体字を使っていますし、専門用語、古文もあって風水本を読みこなすのは簡単ではないです。それでも時間つぶしにはいいなあと思うこのごろです。

参考
壬山丙向(レンシャーン ビーンシャン)、癸山丁向(グイシャーン ディーンシャン)、丑山未向(チョウシャーン ウエイシャン)、艮山坤向(ゲンシャーン クンシャン)、寅山申向(インシャーン シエンシャン)まあこんな感じです。発音も四声があって簡単ではありません。

鑑定学習

昨日(4/26)、宮島で鑑定学習しました。
その前にモーターボートで宮島めぐり。



岩の上にあるのは包ヶ浦神社。歩いていける場所ではなく、船で近づくだけの場所です。


ここは宮島七浦神社の一つ、鷹之巣浦神社。厳島神社の真裏にあるそうです。


いよいよ民宿かまだで学習開始。ここは宮島桟橋を降りて左に徒歩わずか2〜3分の場所。1日1組しかお客を入れない経営。
私は昨年の12月に泊まりましたが、入り江に面してのどかな場所です。まさに風水の良いお宿です。
右手が旅館部分。左手は昔、先代が船大工をしておられた作業所。



玄関近くに「暮らすように泊まる宿」と書かれています。つまり、限定1組だけですから、今日はここを我が家と思って、ゆっくりとおくつろぎくださいという意味です。



庭側からはすぐ入り江。ここからボートは出発したのです。


まず屋外で座山、座向の確認。そして羅盤で方位を測ります。これ実際にやってみなければ身につきません。
羅盤も見ると色々ありましたよ。三合羅盤、三元羅盤、総合羅盤に玄空羅盤まで。


次に室内で鑑定図を作ります。中心点をとって、透明羅盤を使い八方位に分割。紫白九星派と玄空飛星派の両方でやりました。
そのあと私が模範例を示します。鑑定結果、改善提案。経営者ご夫妻の四柱推命の分析。ついでに建物立地を見て易卦 風水カンを立てます。コンセプト、ついでに販促のヒントまで。何かできるところを取り入れてもらうとよろしいですが。



ここを終わって、有志で大竹市にある焼肉東海へ行きました。私が4年前に風水で開業指導したお店です。
何をやったかというと、間取り、色、店内の風水調整のほか、内装業者も紹介しました。(比較的低コストでできました)



同行者が風水尺を持っていたので、私が使い方を説明します。
見てください、左手に「ありがとうございます 本日は満席になっております」と書かれているのを。
地元で評判の繁盛店らしいです。



このように玄関の上に金属製の風水尺をかけています。このほか、金属製の風鈴、風水の炭、水晶、木のひょうたんも置いています。そして鑑定図も額に入れてかけています。



おいしい焼き肉をたらふく食べて、ビールを飲んで大満足しました。
写真は店主の畠中さん。風水だけでなく、経営の努力あっての繁盛です。これからもがんばってください。


今日は盛りだくさんでした。風水を学ぶというのは簡単なものではありません。車の運転と同じで、理論だけ学んでも車は運転できません。やはり路上で実際に運転する必要があります。良い機会になったかと思います。
そして、今回ご協力いただいた鎌田さんご夫妻にはお礼申し上げます。

13年前に父が亡くなって直後、中国の安徽省黄山というところへ行きました。
四十九日を過ぎていないのでどうかと思ったのですが、遺影を持って連れて行く気持ちとなりました。
上海からバスで7時間くらいかかったような気がします。黄山は高い山が立ち並び、下の方から雲というのか霧がバーッと上がってきて、まるで山水画の世界でした。
あとから知ったのですが、黄山は地蔵菩薩の聖山だそうで、まあ結果的に行って良かったと思います。
黄山のふもとの屯渓という町の土産物店で1枚の龍が描かれたものを見つけました。じーっと見ていると何だか連れて帰ってくれという感じがして、買って帰ったものです。この絵は会社の応接室に飾っています。




庚辰 題と書かれてあって、2000年に描いたものと分かります。
辰年にちなんだ題材ですね。
私は風水で成龍と名乗っているものだから、龍を見るととてもうれしくなります。

さて今年は父の十三回忌にあたる年。3月に法要も終わり一息ついたところです。
そうこうしているうちにあるご縁で訪問した家でお土産にこの額頂きました。「良かったらぜひこれを連れて帰ってください」と言われ、13年前のことがよみがえりました。
これは九州の職人さんが作ったもので、メノウと琥珀が使われているそうです。なかなか素晴らしく、気に入りました。置く場所をどうするかと考えましたが、ついには神棚の横に配置。
毎朝、柏手を打っているので、龍も喜んでくれることでしょう。




ところで、龍の置く場所ですが、低いところよりも高いところ。北(五行でいう水の場所)。青龍から東が良いと思います。
 

立春大吉

今日は2月4日。立春の日。暦では春、そして新年を迎えました。
恵方は甲 ということで、羅盤でもって甲の方位を測定し、そこに位置する棚を掃除し、稲穂、豆などをお供えしました。



今年、午年のイメージを感得。
馬突猛進と落下。馬耳東風。馬の耳に念仏。
政治の混乱。経済の停滞。株価の下落。事故多発とみましたが如何に。
そうならないよう祈る。

馬突猛進
猪突猛進をもじったもの。やたら1人で突っ走る
馬耳東風
人の意見を聞き流す
馬の耳に念仏
馬に念仏を聞かせても意味が分からないこと


 

| 1/3PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM