世界易経大会

10月5〜6日の両日、東京国際オリンピック青少年センターで、「第22回世界易経大会」が開催されました。

「第6回 世界健康禅武医気易総合大会」「第19回 世界気功太極中医天然療法大会」と合同開催。事務局をお世話されたのは、日本少林寺気功協会の泰西平会長と、会員の皆様方。ご苦労様でした。

 

 

これから会場へ入ります。

役員の挨拶

1日目の午後、論文をプロジェクターで発表します。タイトルは「広島城の地理風水」

1600年頃、広島県北部の吉田から、毛利輝元が、広島に城を選地するところから始まります。まず、広島の地形を説明します。

 

東北から西南に向かって山脈があります。そこは、山の配置から、龍脈が通っている場所と考えられます。

 

 

風水でいう、座山(牛田連山)に登り、山と山を結ぶ地点に城の位置を定めました

 

関ヶ原合戦により、広島城の城主は、福島正則、浅野長晟(ながあきら)と変わりました。その間で、城を防衛するために、四方(東西南北)と東北の鬼門、西南の裏鬼門にあたる場所に、有力な寺を配置しました。

西側には「寺町」がありますが、これは、福島時代に、西の山口県に移封された毛利へ対する、防衛のためです。

これが毛利輝元の時代に計画した城下の配置です。軍師の安国寺恵瓊がかかわった町割りと想定します。(安国寺恵瓊は毛利の外交僧) 特徴としては、四神相応と、鬼門裏鬼門への備えです。北と南に安国寺。その線には広島城があります。北の安国寺は関ヶ原合戦後、福島正則によって不動院と改められました。(禅宗から真言宗) 南の安国寺は、禅宗で、現在は市内に移転しています。鬼門除けの寺は明星院で、毛利に関係する寺です、福島、浅野の代になっても、重要視されています。裏鬼門の洞春寺は毛利家の菩提寺です。毛利輝元が山口に移封されたのに合わせて山口市に移動しました。この2つの寺をつなぐ線の上に広島城があります。

広島城の位置決めの観察場所となった牛田山連山は、龍脈の行きつく先にある座山になります。山の形は特徴のある、馬蹄形をしています。前方に川が流れていることから、「蔵風得水」山が抱き抱えている場所は、気が溜まる吉地と考えられます。

グ−グルマップで見ると、この位置です。

この山の形は中国の風水書「地理天機会元」に記されている、形によく似ています。

この原文には「有力な人が出て、朝廷に入って高官になる」とあるのです。

 

実際はどうか。調べてみると、2人いました。1人は、高橋琢也(1847〜1935) 農林商務省山林局長を経て、沖縄県知事、貴族院議員となった名士です。(写真左) もう1人は、松井一実(1953〜) 労働省官房統括審議官を経て、現在は広島市長を3期。

この地区は、GIS(地理情報システム)で分析すると、比較的裕福であることがわかります。赤やオレンジ色の地区が該当。

風水の古典「地理天機会元」で述べていることが、実証されたことになります。

これで、発表は終わりです。あとは結果を待つだけです。自信はありました。

広島城の位置決めに使われた山当て法。城下町の町割りに見られる四神相応と鬼門思想。座山の吉相に風水を見ることができます。また、その検証方法にGIS(地理情報システム)を使いました。風水を迷信ではなく、地理学として研究することは意義深いことと思います。また、海外からの参加者にも日本研究者の存在が示せたのではないかと。

 

結果、レセプションの会場で、秦西平会長より「風水大師賞」を頂きました。望外の喜びです。

 

易海陽光さんは「陽宅風水堪興師賞」ほかを受賞されました。おめでとうございます。

現代風水研究会にも「貢献賞」を頂き、参加者で喜びを共にしました。

懇親会の席で隣に座つて、意気統合した、台湾の陳河舟老師。良い思い出となりました。なぜか陳老師とは波長が合うのです。また会うのではないのかな。台湾に来たら通訳をつけると言っておられました。本を差し上げたとき、「玄空風水か?」と聞いてこられました。玄空でないと話しにならないというばかりの口ぶりでした。

台湾から大会に参加した陳旺初先生の発表は、大変良かったので、本を差し上げました。

応援していただいた皆さん、ありがとうございました。

最後に、徐芹庭会長に挨拶できました。大変お世話になりました。この本を持って会長にばったり。会長はしばらくベンチに座って中を開いておられました。興味を持ってもらって嬉しいです。

さて、この2日間は大変、有意義な時間を過ごすことができました。海外の易経研究者や少林寺気功、武術、医療関係者の皆様の素晴らしい発表と交流。この機会を作って頂いた(一社)全日本少林寺気功協会の泰西平会長と会員、実行委員の皆様へ心よりお礼申し上げます。泰西平老師辛苦了。非常感謝! 現代風水研究会 安藤成龍

 


第36期全国職業風水師培訓(養成)

会員の倪鍔(ニイガク)さんが、中国ハルビン市で開催された第36期全国職業風水師培訓に参加されました。
中国の風水講座のことは日本では知られていないので、了解を得てご紹介します。
8月3日〜12日まで10日間。朝9時から夜9時までの12時間という長時間の講座だったそうです。
参加者は45人で中国各地から、そしてタイ人(華僑)と在日中国人の倪鍔さん。このうち半数以上がプロの風水師で、女性は1名だけ。占いとは違って、風水は男の世界のようです。
老師は中国易経・風水の第一人者 秦倫詩老師(77歳) 揺鞭派風水 六代目掌門人 江蘇省出身
なお、初代は明末・清初代の凌禎松老師と聞きました。

老師は中国易学博覧の首席。中を見せてもらうと知った名前が目に入りました。張延生老師、高燕女史など。数年前に上海の大会でお会いした方々でした。



風水応用経験学という本を出しておられます。この本は玄空風水と三合派風水の両方があります。「ラン頭は体、理気は用」が原則。奥深いもののようです。



雰囲気はすごくやさしい方で、えらそうな態度はされないそうです。初日は先天八卦、後天八卦など基本知識だったので、皆、何をいまさらという感があったとのこと。これが2日目から風水理論と事例の紹介へ入っていきました。倪鍔さんは風水についてはこれまで独学だったので、これまでの疑問点が氷解したと言っておられました。
午後6時から7時まで夕食。ところでここではお酒は飲めません。というのは老師のお弟子さんが、7時から9時まで特別講義のため。各地からの参加者と交流したそうです。四柱推命、梅花心易でお互い占うのに、ズバリ当たるので驚いたとも。



結業典禮とは卒業式のこと。
講座が終わって、20人が秦倫詩老師の弟子になりました。この弟子というのは、拝師という形をとります。つまり老師の前にひざまずき、証書を拝受するというものです。拝師となるとほかの老師の弟子にはなれない掟があるとのこと。
日本ではいい加減なところがあって、講習会を受けたら弟子と名乗る人もいるようですが、中国では勝手な名乗りは許されません。



倪鍔さんは上海の出身。1994年に来日され、その後、易経に興味を持ち、独学で学ばれました。その理解力はすばらしいものがあります。現代風水研究会では一緒に風水の研究をしていますが、風水書の翻訳に協力してもらうありがたい存在です。



それにしても得難い経験をされました。これからは経験を積まれ、プロの風水師として活躍されることをお祈りします。

風水ツアーのご案内

 先に紹介したMARUYAMA蠅鬚呂犬瓠風水を取り入れた
お店や施設を視察する会を企画しました。
それぞれの場所で説明をします。
参加ご希望の方はお問い合わせを。

日時  4月7日(土) 13:00 JR五日市駅 北口集合
  徒歩で MARUYAMAへ 視察・説明
  タクシーでオタフクソース Wood Egg(商工C) 休みのため外から
  タクシーで風水の良いマンション(井口) 外から視察
  風水雑貨の 廣友(庚午南)  説明あり 鑑定図ポイント
  チベット雑貨あん(己斐)   鑑定図ポイント
  和楽開運あわむら(己斐)  説明あり 鑑定図ポイント

17:00  より中華料理店「上海亭」で会食
     大衆料理で価格は手ごろ(割り勘)

参加費 1,000円(タクシー代等に使います)

問い合わせ (082)543−5551 吉村





「お金の貯まる風水生活」セミナー

 今日(2月9日)は地元、広島銀行が主催する「女性のための
金融講座」で講演しました。
会場は広島美術館の地下ホール。
テーマは「お金が貯まる風水生活パート4」
約60人が参加され、会場はほぼ満席状態でした。



最初に、お金には正財といって、仕事によって定期的に得られる
収入。株式投資や不動産投資、あるいは宝くじの賞金による一時的な収入があると話しました。いずれにしても・・・
収入―支出=残高 これを残さないといけないこと。
すなわち、入りを図って出を制することが大切であることを強調。



今回は4回目とあって、財運と水に関するものを重点的に説明
しようと、シンガポールの風水を紹介しました。
シンガポールといえば、シンボルの「マーライオン」 頭がライオン
で胴体が魚という空想上の動物です。これが風水の財運効果を
狙ったものなのです。つまり、海に向かって水を吹き出している
のは海外から財を呼び込むという意味らしいです。

そして、圧巻は五行思想を取り入れて作られた「富の噴水」

次に日本では「鎌倉の銭洗い弁財天」 洞窟の中に湧き水があ
って、備え付けのザルに水を入れて洗うと財運が上がるという
言い伝えがあります。「私もやりました」と言って、「小銭だけでな
く、お札も洗ったら、乾ききっていないため鎌倉駅の自動券売機
に通らず困った」と続けたら、爆笑となりました。
こうした恥をさらすのも親しみを持たれてかえってよろしい。



次に、今話題のパワースポットの話しです。写真は山口県の「火
の山」で撮影されたもので、光の柱が立っています。
黒板にその位置関係を示しているところです。



広島県にあるパワースポットといえは、西には「宮島」、東には
「鞆の浦」にある「仙酔島」です。ここらあたりで参加者の方々は
目が真剣そのものでした。
最後は「風水ガイドブック」を使って生まれ年による吉凶方位の
解説です。1時間はあっという間、予定の12時になり、今日の
講演は何とか無事終了。
老師辛苦了(ラオシー・シン・クーラ)
先生お疲れ様でした。




岡山での講演

 今、岡山での講演を終えて広島の事務所に帰ってきました。
主催はJAIFA岡山。生命保険の団体で約300人が参加。
テーマは「干支で読み取る経営の舵取り」
今年は辛卯(かのとう)となり、どのような世相になるものか
という予測、そして乗り切るポイントを解説するものです。
辛は「しん」とも読み、卯は「ぼう」とも読めます。
続けて読むと「しんぼう」
経済評論家は一様に「今年、景気は足踏み状態だろう」と
予測しています。そして、雇用拡大も期待薄です。

60年前の1951年がどうであったかというと、第1回紅白
歌合戦が1月にありました。マッカーサー解任(4月)、講和
条約と日米安保条約が締結(9月)、社会党の再分裂(10月)
、株価が前年より63%と大幅アップとなっています。
なんだか、分裂と共同の年回りだったようです。
今年はこれに似たことが起るのでは。
ちなみに、10年前は2001年(平成13年)で辛巳でした。
主な出来事として、小泉内閣がスタート(4月)、アメリカ
同時多発テロ(9月)、アメリカはアフガンを攻撃(10月)、
国内で狂牛病が発生するなど、どちらかといえば騒然と
した年でした。

そのまた10年前は1991年(平成3年)、辛未の年。
多国籍軍がイラクを空爆(1月)。雲仙普賢岳が大噴火。
信楽鉄道事故など暗いニュースが目立ちました。

辛は古代中国で、奴隷の額に刺青を施す道具を意味し
ているとあります。突き刺すということから鑓やミサイル
をイメージできます。
戦争が起らないことを祈るばかりです。

卯年でいいことは、株価が上がる傾向にあること。
ウサギが飛び跳ねるというところに結びつけています。
などなどとりとめもないことを話しして、今年やるべき
ポイントでまとめました。

1 気の流れを変える
2 オーラが出ている人間になる
3 運気を呼び込む
(内容は省略)

会場ビルの展望レストランにて岡山市街地を見下ろす


今回、紹介して頂いたアリコの中原氏と記念写真


今年初めての講演が300人もの聴衆を前にしてのことで、
幸先良いものと感じました。
あとの懇親会も盛り上がり、一杯飲んでの「にわか占い師」
に行列ができたものです。
ともあれJAIFAの皆さん、お世話になりました。
感謝。

講演中の筆者


コイン占いに花が咲く


重慶の日

 本日(10月17日)は広島市南区にある留学生会館で「重慶
の日」というイベントがありました。
主催は日中友好協会、広島市など。

広島留学生会館


「重慶の日」ボスター


私が日頃お世話になっている書画家の馬仁武(マーレンウ)
先生からお誘いがあって参加。
重慶市とは地図でおおよそ分かるかと思いますが、長江の
上流に位置します。
元々四川省に属していたのが、近年に直轄市となりました。
人口が3200万人というからびっくりしたけど、広さは北海道
よりも大きい。

説明文を読むと・
重慶市は中国西南部商工業中心地で、中国最大の人口を
誇る直轄市です。
長江とその支流の嘉陵江との合流点を中心に発展し、美し
い山々に囲まれていることから「山城(山の町)」とも呼ばれ
ています。
古くから中国西南地区の水陸交通の要衝として、また物資
の集散地として栄えてきました。
3000年以上の歴史を持ち、春秋戦国時代には巴国(はこく)
の首都でした。
1189年、南宋朝の趙淳が王となり、その後、帝位についた
ことから二重のの慶びを意味する「重慶」と呼ばれるように
なりました。

重慶の位置


会場に入ると中国伝統工芸品、書の展示がありました。
すぐに馬先生を見つけて挨拶。
先生が書かれた書の前で記念写真を撮ってもらいます。
題は「龍騰虎躍」 龍が天へ上り、虎が飛躍するという意味
だそうです。
先生は「この文字は風水に関係するよ」と言われます。
確かに、左が青龍で右が白虎の位置になっている。

左 馬仁武先生


左 虎躍 右 龍騰


展示品を見ていると諸葛孔明が持つような扇子があります。
水鳥の羽でできているそうです。
気に入ったので、写真を撮ってもらうと右手で持ってしまいま
した。
孔明は左手で扇子を持って、右手は顎髭をつかむ姿が有名。
日本では左手の方が左うちわといって縁起がいいのですが。

孔明扇


左団扇ならず右団扇


ホールの方では太極拳の演舞や二胡の演奏がありました。
そのほか、重慶市から贈られた菊の花の展示も。
風水愛好家として日中友好を願っています。

広島の風水ツアー

 一昨日(4月29日)の午後から夕方にかけて、広島の風水フィールドワークを行いました。
参加者は大人15名プラス子供が2名。
当初、5〜6名だろうと予想していたので、驚きました。
当日の説明内容について、紹介します。

まず最初に広島城。
築城の経緯としては、戦国武将 毛利輝元は天正17年(1589年)に立地選定を行なった
とされています。
毛利輝元はまず、新山(神田山)に登り、宮島にある弥山(みせん)をつなく゛一線を引き、
次に二葉山に登り己斐旭山と一線を引き、その交差する点を広島城の場所と位置決めし
たものです。
このことは風水理論につながるものと考えられます。

広島城といっても、原爆で全て灰燼となったので、現在再建されている天守閣を見学。
一同は1階の展示コーナーで古い゛時代の地形図や映像を見て、最上階に上がりました。
そして、位置決めしたときに登った山を指し、説明したものです。

天守閣前にて



そのあと、本丸のほぼ中心部に明治時代、日清戦争の時に設けられた大本営跡を視察。
当時、明治天皇がおられた場所なので、とても重要なところと考えられます。
原爆の被災によって現在、基礎部分しか残っていませんが往時を偲ぶことはできます。

人数が多いので、近くに借りた会場で広島の風水を解説します。
広島は太祖山を大山とし、祖山が比婆山、そして西南に山脈が延び、白木山などを
経由して、坐山が二葉山・牛田山・神田山の連山です。
その形はコの字となっています。
見ようによっては、二葉山は龍の頭。
また、坐山の前方には牛田の町が明堂として位置し、そのさらに前方には京橋側
が流れています。
すなわち、龍・穴・砂・水がきれいに揃っています。
その明堂の外側には両脇に山が屏風のように立っており、それが囲む平野地は外明堂
となります。
まるで絵に描いたような風水都市なのです。
これらのことを図面を使って説明しました。

2番目の目的地は広島の坐山にあたる牛田山の麓にある早稲田神社。
ここはその形から龍穴があると想定されるところです。
二葉山が青龍、牛田山が玄武、神田山が白虎としつながって砂(さ)となっています。
その前にこんもりとした丘を整地して、神社が建っています。
鳥居の近くに立って前方(南の方)を望めば、明堂(平地)が広がり、これが牛田地区。
また、その先には京橋川がゆったりと流れています。
龍・穴・砂・水が揃っている風水でいう吉地といえます。

次に本殿に向かい、全員が参拝します。
多少は気を感じられたことでしょう。
本殿の裏手に回ります。
そして背後にある山の方を見て風水の説明。
少し出っ張った部分に大きな観音像が確認できます。
きっと意味あって、ここに建立されたことと思います。

せっかくの機会と、各自が持参した羅盤を取り出して神社の方位を測ります。
参拝客が見たら異様な光景に見えたかも知れませんね。

羅盤で方位を確認する



更にこのあとに向かったのが西風新都にあるAシティマンション。
ここは平成6年に開催されたアジア競技大会に合わせて野村不動産が建設。
そのとき、選手村として使われた後に分譲されました。
私はここに入居される方から風水鑑定の依頼があって、周辺の環境調査をした際に
風水を取り入れて配置されたと考えられる建物や石に気づきました。
まず特徴としては、小さな丘を背にして建っていること。
これは風水の原則です。
また、建物の形状が湾曲しています。
中側の建物は風水でいう坐山のような形です。
ここを造成中に掘り出された石をモニュメントとして要所要所に配置しています。
これがあたかも気の流れいくポイントを示唆しているようにも感じられるのです。

マンション配置図



やや湾曲したマンションの形状



背後は小さな丘となっている



次に、中心部にある広場へと移動しました。
ここは明堂にあたるところです。
おもしろいのは、アジアを中心とした世界地図が描かれています。
そして真ん中にはエベレストの絵が。
風水ではエベレストを崑崙山といって、最大の龍脈が発する場所です。
これらを確認すると一堂は「おおー」という声を出したものです。

中央部にある円形広場には世界地図が描かれている



真ん中にはエベレストの絵があるのにビックリ(羅盤で方位も確認)



西北側には坐山のようなデザインの石垣が築かれています。
とすると、その前面にある卵形の石は龍穴を表しているものかも知れません。
私はそこへ近づき、石をさわったものです。

坐山の形状をした部分




西側に目を転じると橋のようなものがあって、その下は池のようです。
その橋は上から水が流れ落ちています。
上に上がるとそこには葉っぱのデザインの出水口があります。
これは風水でいう財運のシンボルなのでしょうか?

水が流れる橋



水の源がここに



さらに東南に目を転じると、マンションの下部にぽっかりと空いた空間。
上海で見たことがありますが、気を通す、あるいは龍の通り道という意味なのでしょうか?
その先をまっすぐ進むと小さな広場があります。
そこには案山と思える石が配置されています。
その裏側に回ると石をくりぬいた祠が。
大変、意味深いものが感じられるのです。
さらにその下には調整池があります。
ここは山や構内に降った雨水を溜めるものですが、風水でいうと去水。
汚れた気の流れ去る場所ともいえます。
本当におもしろいところです。
このように私は勝手に風水で解説していますが、開発者に確認したわけではありません。
機会があれは聞いてみたいものです。
また、ここを風水マンションとしてPRしているわけでもないので、住民の方々は知っては
いないでしょう。
ただ1人、私が鑑定したNさんを除いては。

マンションのぽっかりと空いた空間



その先に大きな石がある



石の裏側は祠となっている



さて、視察も終わって、反省会の会場へ向かいます。
沖縄料理店「ゆんたく」
ここは7〜8年前のオープン時に風水相談で立地からレイアウトから対応した
ところです。
鑑定図がお店の厨房近くに飾ってあります。
この鑑定図は紫白九星派によるもの。
玄関の上側には風水尺、奥には魔除けのシーサーを配置。
そのほか、風水調整を施しています。

オーナーの野原さんは宮古島の出身。
名物の沖縄料理と沖縄三味線の演奏と歌も楽しみの一つ。
いつも繁盛しているのは風水というより野原さんの努力の賜物なのです。
めずらしい料理とお酒を飲んで、歌って、ついには踊って盛り上がりました。

野原さんを囲んで店頭で記念写真



子供さんの三味線はうまかった



沖縄勝利店 ゆんたく
広島市西区西観音町1-22
電話 082-231-6511

http://www.yukaina-yuntaku.com/

今後も風水視察の機会を作って風水を体感してもらいたいと考えています。
皆様お疲れ様でした。

| 1/1PAGES |

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM