見る、看る、観る、

風水の本では「看る」という用語を使っていることがあります。

中国語で「看電視」はテレビを見るという意味です。日本語では看るは「病人を看る」に使われ、看護する。つまり護り見守るという意味だと思います。一方「見る」はぼんやり見ていてもしっかり見ていても見ていることに変わらないのです。最後に「観る」は観音様の観るを使っているのでかなり違うように思うのです。つまり心眼で観る。

「ほらあそこに○○がみえるでしょ」といっても普通の人には分からない。

これは透視、霊視の世界です。その人の種と訓練も必要かと。

 

写真は石鎚山頂上と持参した写真です。先祖供養のため持参しました。

 

それで奇門遁甲は九宮に九干の天地盤、八神、九天星、八門その他でもって読み取る記号を分析していく技術です。

練習すれはまだ透視よりも簡単です。

 

2018年9月24日9時15分

戊戌 辛酉 己未 己巳 時空 戌亥

旬首 甲子(戊)陰四局

天盤の日干と時干はいずれも艮宮にあります。つまり艮は山であることを示しています。

天盤の己は石鎚(つち)と関連づけ、癸は雨が降ってるとも読めます。

己癸は「地刑玄武」その象意は〃哉海北笋錣譴襦´怪我をする そのどちらかです。ここでは怪我をするがこれまでの経緯から適当です。騰蛇は虚偽、血光、墓地、荒地など。天沖は攻撃、猛烈、雷、太鼓など。杜門は塞がる、避難、隠遁など。これらを観るかぎり良い読み取りはできません。

結局のところ、どのような状況であったのか私に教えてくれているのです。

奇門遁甲は方位術であると信じている人は少なくないと思いますが、実の所、易占のような使い方ができるし、もっと材料が多いので、訓練次第では状況を的確につかむことができるのです。

 

コンピーターの構成要素にCPU(演算処理装置)とハードディスクがあります。ハードディスクは簡単に言えば、記憶を貯めているところ、CPUは計算するところです。この両方が高性能となってきました。最近ではAI(人口知能)の技術が進んでいます

しかしながら人間の頭に相当するものですが、コンピューターにしてもAIでも宇宙の精神(神とか守護霊とかよくわからない存在)とつながっているものではありません。このことから人がより的確な分析ができることは間違いないのです。

 

 

 


| 1/1PAGES |

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM