世界易経大会

10月5〜6日の両日、東京国際オリンピック青少年センターで、「第22回世界易経大会」が開催されました。

「第6回 世界健康禅武医気易総合大会」「第19回 世界気功太極中医天然療法大会」と合同開催。事務局をお世話されたのは、日本少林寺気功協会の泰西平会長と、会員の皆様方。ご苦労様でした。

 

 

これから会場へ入ります。

役員の挨拶

1日目の午後、論文をプロジェクターで発表します。タイトルは「広島城の地理風水」

1600年頃、広島県北部の吉田から、毛利輝元が、広島に城を選地するところから始まります。まず、広島の地形を説明します。

 

東北から西南に向かって山脈があります。そこは、山の配置から、龍脈が通っている場所と考えられます。

 

 

風水でいう、座山(牛田連山)に登り、山と山を結ぶ地点に城の位置を定めました

 

関ヶ原合戦により、広島城の城主は、福島正則、浅野長晟(ながあきら)と変わりました。その間で、城を防衛するために、四方(東西南北)と東北の鬼門、西南の裏鬼門にあたる場所に、有力な寺を配置しました。

西側には「寺町」がありますが、これは、福島時代に、西の山口県に移封された毛利へ対する、防衛のためです。

これが毛利輝元の時代に計画した城下の配置です。軍師の安国寺恵瓊がかかわった町割りと想定します。(安国寺恵瓊は毛利の外交僧) 特徴としては、四神相応と、鬼門裏鬼門への備えです。北と南に安国寺。その線には広島城があります。北の安国寺は関ヶ原合戦後、福島正則によって不動院と改められました。(禅宗から真言宗) 南の安国寺は、禅宗で、現在は市内に移転しています。鬼門除けの寺は明星院で、毛利に関係する寺です、福島、浅野の代になっても、重要視されています。裏鬼門の洞春寺は毛利家の菩提寺です。毛利輝元が山口に移封されたのに合わせて山口市に移動しました。この2つの寺をつなぐ線の上に広島城があります。

広島城の位置決めの観察場所となった牛田山連山は、龍脈の行きつく先にある座山になります。山の形は特徴のある、馬蹄形をしています。前方に川が流れていることから、「蔵風得水」山が抱き抱えている場所は、気が溜まる吉地と考えられます。

グ−グルマップで見ると、この位置です。

この山の形は中国の風水書「地理天機会元」に記されている、形によく似ています。

この原文には「有力な人が出て、朝廷に入って高官になる」とあるのです。

 

実際はどうか。調べてみると、2人いました。1人は、高橋琢也(1847〜1935) 農林商務省山林局長を経て、沖縄県知事、貴族院議員となった名士です。(写真左) もう1人は、松井一実(1953〜) 労働省官房統括審議官を経て、現在は広島市長を3期。

この地区は、GIS(地理情報システム)で分析すると、比較的裕福であることがわかります。赤やオレンジ色の地区が該当。

風水の古典「地理天機会元」で述べていることが、実証されたことになります。

これで、発表は終わりです。あとは結果を待つだけです。自信はありました。

広島城の位置決めに使われた山当て法。城下町の町割りに見られる四神相応と鬼門思想。座山の吉相に風水を見ることができます。また、その検証方法にGIS(地理情報システム)を使いました。風水を迷信ではなく、地理学として研究することは意義深いことと思います。また、海外からの参加者にも日本研究者の存在が示せたのではないかと。

 

結果、レセプションの会場で、秦西平会長より「風水大師賞」を頂きました。望外の喜びです。

 

易海陽光さんは「陽宅風水堪興師賞」ほかを受賞されました。おめでとうございます。

現代風水研究会にも「貢献賞」を頂き、参加者で喜びを共にしました。

懇親会の席で隣に座つて、意気統合した、台湾の陳河舟老師。良い思い出となりました。なぜか陳老師とは波長が合うのです。また会うのではないのかな。台湾に来たら通訳をつけると言っておられました。本を差し上げたとき、「玄空風水か?」と聞いてこられました。玄空でないと話しにならないというばかりの口ぶりでした。

台湾から大会に参加した陳旺初先生の発表は、大変良かったので、本を差し上げました。

応援していただいた皆さん、ありがとうございました。

最後に、徐芹庭会長に挨拶できました。大変お世話になりました。この本を持って会長にばったり。会長はしばらくベンチに座って中を開いておられました。興味を持ってもらって嬉しいです。

さて、この2日間は大変、有意義な時間を過ごすことができました。海外の易経研究者や少林寺気功、武術、医療関係者の皆様の素晴らしい発表と交流。この機会を作って頂いた(一社)全日本少林寺気功協会の泰西平会長と会員、実行委員の皆様へ心よりお礼申し上げます。泰西平老師辛苦了。非常感謝! 現代風水研究会 安藤成龍

 


玄空風水秘訣

2月に「玄空風水秘訣」を発刊して、おかげさまで順調に売れています。何せ1冊が1万円ですから、買って頂けるのはありがたいです。購入されるのは風水の研究家か占い師の方と思います。

この本は、そのような方々のために書いたものです。風水の入門者ではありません。

あまり手を広げずに、「沈氏玄空学」に絞ってまとめました。ただし一部、「八宅風水」も加えています。

私はめったに使うことはありませんが、「玄空大卦派」もふれてみたいところでしたが、あまり活用の場がなくて割愛しました。「三合派」の砂法も同様です。これらは一般論で終わるのではなく、口伝が良いと思います。

今回、現代風水研究会秘書長の易海陽光(いかいようこう)さんに巻末の「玄空紫白訣」を原文、翻訳文、解釈文を書いていただきました。このような形で日本において発表したのは初めてだと思います。

左 易海陽光さん(中国上海出身)

 

 

3月3日に広島で出版パーティを開催。63名の方々にご参加。遠く東は東京、西は九州からおいでいただき感謝しています。上海の白鶴易人老師からは祝電がありました。この本の監修者として加筆や文章の修正をされたことで、内容が一段と高まりました。パーティは歌あり、ダンス(フラメンコ)ありで大変盛り上がりました。

 


 

ほぼ同じころ、インターネットラジオ番組「夢のたね」に出演。パーソナリティの三上みやこさんと昔話やら、風水の活動についてよもやま話しをしました。

ところで、どうしてこんなかっこうをしているのか? いずれも(中国服とサングラス)、広島市西区にある商業施設「マリーナホップ」内の易海陽光さんの奥様が経営している「ブルーミー」で買ったものです。誰か忘れましたが、まるで「香港の怪しい風水師」みたいと言うので、さまになっているのでしょう。すっかり気に入っています。しかしこの姿でセミナーや講座をするとなると一部の方(特に女性)は警戒してしまい、足が遠のくのではないかと。実際のところは小心者だからこうしているのです。


玄空風水秘訣を出版

このたび風水の新刊「玄空風水秘訣」を東洋書院(東京)から出版しました。

玄空風水をわが師、白鶴易人先生から学び、13年が経過したこと。実践を積み重ね、本にまとめても良いだけの結果を得たことが出版を後押ししました。

玄空風水とは何か? 玄空とは時空のことです。つまり時とは時間で空とは空間を意味します。空間の運気は時間とともに変化していくという考え方は的を得ているように思います。

 

本の内容は

第1章  風水総論

第2章  玄空風水論

第3章  玄空風水の実際

第七運、八運、九運象意一覧表

特別付録 玄空紫白訣解説、玄空星曜断事訣

A5サイズ 縦書き 約400ページ

 

初心者にも理解しやすいように図を多くしました。

また、鑑定の事例を大型商業施設、オフィス、店舗、住宅のほか、庭園の風水まで盛り込みました。

玄空紫白訣は玄空風水の原典と言われるものです。これまで難解な漢文の中国文書籍しかありませんでしたが、本書では原文、翻訳文、解説文と並べて中国古文の勉強にもなります。

定価は1万円と高価かもしれませんが、「玄空風水」と「玄空紫白訣」2冊の本が合体した感じで手に取って納得されることかと思います。大型書店、東洋書院のネット通販のほか、現代風水研究会のヤフーショップでも販売を開始しますので、よろしくお願いします。

 

 


謹賀新年

明けましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いします。
今年は近々、玄空風水の本を出版しますが、これまでの風水研究活動の集大成となります。
風水を通じて貢献できたら幸いてす。
皆さまのご健康とご多幸を心からお祈りします。
今後ともご指導のほどよろしくお願いします。

見る、看る、観る、

風水の本では「看る」という用語を使っていることがあります。

中国語で「看電視」はテレビを見るという意味です。日本語では看るは「病人を看る」に使われ、看護する。つまり護り見守るという意味だと思います。一方「見る」はぼんやり見ていてもしっかり見ていても見ていることに変わらないのです。最後に「観る」は観音様の観るを使っているのでかなり違うように思うのです。つまり心眼で観る。

「ほらあそこに○○がみえるでしょ」といっても普通の人には分からない。

これは透視、霊視の世界です。その人の種と訓練も必要かと。

 

写真は石鎚山頂上と持参した写真です。先祖供養のため持参しました。

 

それで奇門遁甲は九宮に九干の天地盤、八神、九天星、八門その他でもって読み取る記号を分析していく技術です。

練習すれはまだ透視よりも簡単です。

 

2018年9月24日9時15分

戊戌 辛酉 己未 己巳 時空 戌亥

旬首 甲子(戊)陰四局

天盤の日干と時干はいずれも艮宮にあります。つまり艮は山であることを示しています。

天盤の己は石鎚(つち)と関連づけ、癸は雨が降ってるとも読めます。

己癸は「地刑玄武」その象意は〃哉海北笋錣譴襦´怪我をする そのどちらかです。ここでは怪我をするがこれまでの経緯から適当です。騰蛇は虚偽、血光、墓地、荒地など。天沖は攻撃、猛烈、雷、太鼓など。杜門は塞がる、避難、隠遁など。これらを観るかぎり良い読み取りはできません。

結局のところ、どのような状況であったのか私に教えてくれているのです。

奇門遁甲は方位術であると信じている人は少なくないと思いますが、実の所、易占のような使い方ができるし、もっと材料が多いので、訓練次第では状況を的確につかむことができるのです。

 

コンピーターの構成要素にCPU(演算処理装置)とハードディスクがあります。ハードディスクは簡単に言えば、記憶を貯めているところ、CPUは計算するところです。この両方が高性能となってきました。最近ではAI(人口知能)の技術が進んでいます

しかしながら人間の頭に相当するものですが、コンピューターにしてもAIでも宇宙の精神(神とか守護霊とかよくわからない存在)とつながっているものではありません。このことから人がより的確な分析ができることは間違いないのです。

 

 

 


中国式奇門遁甲

国内で使われている奇門遁甲に2つあって、1つは挨星法。気学の秘伝と言われ、主に方位術として活用されています。

もう1つは中国伝統の活盤法。これを中国では方位術として使う人は少ないです。易占のような雑占として使われています。

占機(占う時間)はいつが良いのか。2時間ごとに盤が変わります。そして作盤は手間暇かかるので面倒なことからアプリを使って盤を作ることになります。しかし実際問題として判断の方が難しい。

5月24日の19時に当時、テレビで騒がれていた事件を題材に占ったものです。北を下にして作盤していますが、坎宮を1階、離宮を2階として分析しました。そうすると1階と2階での状況を伺い知ることができます。こんなことが分かることから奇門遁甲は面白いものだと思うのです。

 



白鶴易人先生のワールドカップ決勝戦予測

上海の白鶴易人先生よりワールドカップの予測が送られてきました。先生のご了解を得て、中国語を日本語に翻訳したものを掲載します。

原文:【白易人再次神断一世界杯法国勝】

翻訳: 白鶴易人再度の神断−ワールドカップはフランスの勝利

 

原文: 昨天晚上23点起一根据法国和剋的位置一法国在西部、剋羅地亜的在法国南、周囲是海

翻訳:昨晩23時に起盤した。根拠はフランスとクロアチアの位置。フランスは西部、クロアチアは東南で周囲は海。

 

 

 

翻訳: 奇門遁甲と六壬の盤を分析。

原文: 遁甲看西部

翻訳: 奇門遁甲で西部兌宮を看る。

 

原文: 王、落艮天八神地八神臨官、戊星+生+天任生法国隊,

翻訳:時干を勝者とする。艮宮に天八神地八神臨官がある。戊は太歳、馬星+生門+天任はフランスチーム兌宮に生じる。

 

原文:上下六合、驚門天柱震撼世界、己+己日干月健、

翻訳:兌宮上下は六合、驚門天柱は世界を震撼させる。己+己は日干月建(月干)

原文:兌為長生、必然是世界杯家。

翻訳:兌宮は長生が落ちる。ワールドカップの勝者となるのが必然だ。

 

分析奇遁甲和六壬

 

 

原文:六壬:看天地的酉位太常(将酒宴)

翻訳:六壬は天地盤の酉位に太常が臨むのを着目する。(将軍はお祝いの酒宴)

原文:(辰),月将末,太命月将上神卯生扶兌宮酉、

翻訳:天馬は辰に臨む。月将は未、太歳は戊戌、月将は未、兌宮の酉を土生金と助ける。

 

原文:的末丑乗青会酉(法国隊)

翻訳:三伝の末伝(結果のこと)丑は青龍酉に乗る。(フランスチーム)

 

原文:壬遁天机顕示法国隊為世界杯冠

翻訳:壬遁天机はフランスがワールドカップの勝者と顕している。

 

原文:是第二次成功提前预测世界杯冠

翻訳:これは第2回目のワールドカップ予測の成功だ。

 


白鶴易人先生アメリカ旅行

白鶴易人先生はアメリカに旅行され、風水の活動についてメールされましたので、許可を頂いてご紹介します。

翻訳は易海陽光さんにお願いしました。

 

1.白鶴易人はアメリカロサンーゼルスのアメリカ易経協会を訪問――

アメリカ易経学会――美西易経学会――尹露会長、段建華、崔国建及びアンナ、蘇子函・・・・等の素晴らしい華人達の歓迎を受けました。

中国の易学の素晴らしい正のエネルギーをアメリカマーケットに進出したことに祝います。

アメリカの素晴らしい華人代表の熱烈歓迎に感謝します。

 

 

2.アメリカロサンーゼルス風水第三弾――桃里新華広場海資建設アメリカ子会社開業式典――

乾山巽向(旺山旺向、城門は午にある)――風水常識を解説――

「天機妙訣各不同、八卦只有一卦通」――

華人社会は風水国学を伝わることに歓迎する。

 

3.白鶴易人はアメリカロサンぜルス市役所風水を考察――

 

辰山巽向――周天120°――丙子分金――坐山は火澤睽の二運卦――

庚方來水――壬方去水――地元龍の一卦清純の理論に一致する。

但し、右側の政府ビルは大門の気口にちょっと近いーー坎宮に二黒星がいる。

戊戌年に五黄星が坎宮に入るのでーー25が同宮になれば、必ず中にいるトップが厄介なことに逢う。

孤独、1人ぽっちになる象であるーー同性愛の人数はきっと上昇するに間違いない。

「欲問太歳為何神、立地見分明」――「黄遇黒時出寡婦」――

「宅局旺衰星盤定、客星加臨吉凶生」――2と8は兌宮に入ると、合十になり、旺財

2と5は坎宮に入り、亭主が厄介なことに逢うし、寡婦になりやすいーー当たりかどうかを待つ。

 




風水本をまとめる

今、風水の本をまとめていますが、さすがに250ページを超えると限界に近づきます。本を作るのは一人でできるものではありません。何人かの協力者がいなけれはまとまりません。ようやくそれがまとまった感じです。

表紙の絵がこんな感じになりました。中国の山水画です。自分がこの絵の人物になって風水の世界を見ることができます。



太歳のお札

上海の白鶴易人老師から先日、「太歳のお札」と暦を送ってこられました。

太歳神はその年の十二支方位を司どる方位神と言われます。

その方位は清潔にしておくこと。増改築や移転、木を植えることは吉とされています。

旧正月の初めか、その間の吉日、戌方にあたる場所を選び太歳のお札を祀って、災厄をに遭わないよう厄除けをするというものです。それで、旧暦で1月1日を調べると2月16日でした。大晦日にあたる2月15日が戊寅、歳徳の日なので、その日に太歳のお札を会社にお祀りすることにしました。福徳を呼び込めるよう期待しています。

 

太歳のお札

 

白鶴老師作成の暦

 

 

 

 

 

 


| 1/16PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM